twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


理論機関誌「光射せ!」6号が発売されました。

北朝鮮最新情報の新規掲載が始まりました!

 

 
映画クロッシング・オフィシャルサイト http://www.crossing-movie.jp/

 



NEWS :朝鮮大学校60年の闇(産経新聞) 
└ 2016-05-12 12:10

金正恩氏、東京の朝鮮大学校に祝賀文 創立60周年で

朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩第1書記は10日付で、朝鮮大学校(東京都小平市)の創立60周年に際し同大学校の教職員や学生宛てに祝賀文を送った。ラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮の最高指導者が朝鮮大に祝賀文を送った例は過去にないとみられる。

 金第1書記は祝賀文で「朝鮮大は民族教育の最高殿堂、科学研究の中心、民族性固守のとりでとして在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の組織建設や在日朝鮮人運動の発展に寄与した」と称賛した。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/160410/wor1604100032-n1.html

朝鮮大学校60年の闇(産経新聞)(上)

地獄の思想教育「祖国守る覚悟示せ」 容赦ない怒声、飲食も許さず 関係者が実情初めて吐露   

 4月16日の昼下がり。北朝鮮の主席、金日成(キムイルソン)の前日の誕生日を記念した「日朝友好の集い」が朝鮮大学校内で盛大に開かれた。趣旨に賛同する日本人や、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の南昇祐(ナムスンウ)副議長ら大学関係者が顔をそろえた。

 朝鮮総連関係者によると、参加者らは案内係に促されるまま、キャンパス内の各施設を見学。同大は当初、予定していなかったにもかかわらず、教室の様子を要望に応じて公開するなど、サービス精神あふれるもてなしに終始したという。この時、参加者の一人は、室内で金日成と総書記の金正日(キムジョンイル)親子の肖像画が高々と掲げられているのを見た。

 同大が妄信する金一族崇拝教育の一端が垣間見えた瞬間だった。対外的にいくら取り繕っても、崇拝思想が在校生の体にしっかりと刻み込まれていることがうかがえる。
同大には特別な学部が2つある。朝鮮総連幹部を輩出する政治経済学部と、日本の小学校に該当する朝鮮初級学校の校長を養成する教育学部(3年制)だ。それぞれ金日成と金正日親子のマルスム(お言葉)によって「特別な学部」と定められた。ただ、同大は公の場で認めたことはない。

 両学部の在校生は卒業が近づくと、決まって研修旅行名目で北朝鮮へ渡航する。北朝鮮当局管理下の訓練所に3カ月以上も籠もり、金一族を神格化した革命史や朝鮮労働党の方針をみっちりとたたき込まれる。つまり、思想教育の総仕上げを本国で行うのだ。

   
■ ■ ■

 そんな思想に染まっていた政経学部出身の男性が、同大の実情を初めてマスコミに吐露した。男性は同大に教員として戻り、金一族への忠誠を誓う総連傘下の在日本朝鮮青年同盟(朝青)朝大委員会指導員にも抜擢(ばってき)された。エリート中のエリートだった。
朝青は全在校生の加入が義務づけられ、思想チェックは熾烈(しれつ)を極めた。

 同大寮の一室。指導員の男性は夕食後、ある班の在校生6人を床に座らせて仁王立ちになると、ある新入生を名指しした。

 「祖国(北朝鮮)を守る覚悟を示してみよ」

 「それは…」

 新入生は声を絞り出すのが精いっぱい。容赦のない怒声で畳みかける。

 「敬愛する金日成首領様や金正日将軍様が送ってくださるお金で毎日、勉強できることを忘れたのか。明日の夜までに反省文を持ってこい」

 こうしたやりとりが夜まで続いても、飲食すら許されない。自己批判が足りないと何度も書き直し。来る日も来る日も…。些細(ささい)なことをやり玉に挙げ、長期間の徹底した個人攻撃で相手を支配下に置いてしまう-。金一族への服従を強いる忠誠心を競わせるためにほかならない。

男性は振り返る。「(同大は)思想がすべての学校だ。『緩めちゃいけない』『負けちゃいけない』という強い思いで体を張って後輩を指導してきた」

   
■ ■ ■

 最近になって、政経学部の在校生は北朝鮮当局の指示で4年間の授業料が全額免除されるようになった。エリートならではの厚遇にもかかわらず、組織の幹部になるのに嫌気が差して定員の半分ほどしか集まっていないのが実情だ。

 この男性も、同大が推し進める思想教育と在校生のニーズの乖離(かいり)が大きくなっていくことに心を痛め、心の中で葛藤が続いていた。だが最近、ある境地に達した。
「朝鮮大学校を存続させる選択肢はただ一つ。同大を支配下に置く朝鮮総連との関係を断ち切ることだ。それには今の朝鮮総連指導部に退陣してもらうしかない」     (敬称略)




 朝鮮大学校は4月に創立60周年の節目を迎え、金一族を絶対視した教育が繰り返される一方、その思想教育への反発も強まっている。秘密のベールに包まれた同大の実像に迫る。

http://www.sankei.com/premium/news/160505/prm1605050025-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/160505/prm1605050025-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/160505/prm1605050025-n3.html
http://www.sankei.com/premium/news/160505/prm1605050025-n4.html
http://www.sankei.com/premium/news/160505/prm1605050025-n5.html

朝鮮大学校60年の闇(産経新聞)(中)から

金一族を支える同大を後押ししたのが当時の東京都知事、美濃部亮吉だ。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関係者によると、社会主義者を自任する美濃部は46年の秋、訪朝して金日成と2回も会談している。美濃部は一連の会談で社会主義下の平壌の現状を引き合いに出して、「資本主義の負けは明らかである」と断じたという。

 このとき、美濃部は43年に政府・自民党の慎重論を押し切って、同大を各種学校として認可した実績も“手土産”として持参した。各種学校として認可され、同大は固定資産税の減免措置など財政的なメリットを享受することになった。

 認可前の同大は34年に東京都小平市に移転する際、トランジスタラジオ製造工場の建設と偽装して、周辺住民の反対運動を封殺。さらに朝鮮総連は「民族教育は基本的人権だ」「学術研究の機会を奪うな」と主張して、認可実現に向けた大キャンペーンを展開。これに美濃部が応じたのだ。

 金日成は51年、同大の代表団と平壌で面談すると、「朝鮮総連が敵と堂々と戦えるのは、基地である朝鮮大学校を通じ、絶え間なく幹部を養成し続けているからだ」と満足げだったという。美濃部の“援護射撃”で同大の財政が安定し、結果的に総連幹部の育成が進んだ。

私立学校法では、都が認可した学校法人が法令違反した場合、解散を命じることが可能だ。

 平成24年3月、都議会文教委員会で当時、自民党だった野田数が北朝鮮による拉致問題を引き合いに「学校認可は完全に間違いだった」と見直しを求めたが、都側は態度を明確にしなかった。一方で、都は昭和40年に「各種学校として認可すべきではない」との文部事務次官通達を把握しながらも、認可に踏み切った事実を認めた。

 ただ、同大学長の張炳泰は、北朝鮮の国会議員にあたる最高人民会議代議員も兼務。同会議は、核開発を主導した総書記の金正日、第1書記の金正恩父子を絶対視しているが、都私学行政課は「認可基準に違反している認識はない」としている。

 社会主義の勝利を声高に叫んだ美濃部が恩恵を与えて育んだ同大。金一族崇拝思想の醸成が都の庇護下で脈々と続くことになった。(敬称略)

http://www.sankei.com/premium/news/160507/prm1605070026-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/160507/prm1605070026-n3.html
産経新聞に朝鮮大学校の闇と題した優れた記事が掲載されています、いくつか紹介いたしました。

最近のニュース かるめぎ
 
集会案内   北韓人権
 
守る会声明   書籍/映像紹介
 





かるめぎ104号(2014-07-27 08:10)
♥第21回 2014年度 守る会総会 特集
 ・代表あいさつ 守る会代表 山田 文明…………………2
 ・2013年度 活動報告・会計報告 …………………3 〜 4
 ・守る会の名称変更についての提案
            守る会名誉代表 萩原 遼 …… 4
 ・守る会の名称変更の提案について 山田 文明……4〜 5
 ・2014年度 守る会 活動方針・新役員 ……………5〜 6
♥脱北日本人妻、斉藤博子さん、ふるさと福井TV出演 ……7
♥守る会関西支部 講演のおしらせ ………………………… 8
♥守る会関東支部 学習会報告 …………………………9〜10
♥守る会関東支部 講演のおしらせ …………………………10
♥編集部から一言 …………………………………………… 10
♥日朝協議
 ・合意事項全文  山田 文明……… 11
 ・日朝協議合意から懸案解決への狭き門を開こう
  「全ての日本人に関する調査」が真に実施されることを
   求める守る会! 山田 文明 ………………………… 12
 ・日本人配偶者問題解決に「光り射せ」るか!       
             守る会 三浦 小太郎……… 13
♥ハングン・ノレ 窪田 和夫 ……………………………… 14
♥私のおすすめ本 荒木信子著『なぜ韓国は
   中国についていくか』守る会 三浦 小太郎 ………15
♥パプアニューギニア国の教育プロジェクトに参加して⑧
   最終回     守る会会員 菅原 民生 …………16
かるめぎ104号1-8.pdfをダウンロード








HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.