このページは、守る会の過去のページです。新しいホームページはこちらをクリックして下さい。



 ホーム


守る会組織

 呼びかけ
入会の御案内 
会則

カルメギの記事

交流の広場
掲示板


お得な情報
3.03掲載
 

リンク Friendly Link

翻訳サイト


書籍
特別に紹介させていただきます
『隠された戦争』
(萩原遼 著)


「生命

人権」


目次

(購入方法)

ダウンロードは
右クリック

第一巻

第二巻

第三巻

第四巻

第五巻

第六巻

第七巻

サンプル2

(ショルテ女史)
 


御支援の
お願い

脱北者あしなが基金

脱北帰国者支援機構

  写真
chung
chubong

haengyong

yongbyon

naksaeng

アクロバット・リーダーのダウンロード


 

 目  次
解体本部の手紙
脱北者としてはじめて見た日本           李民馥(イ・ミンボ)
解体運動本部の韓日連帯会議アッピール
解体運動本部 来日講演
◎松山集会 9月11日(木)のスライドを掲載しました。
                  

   解体本部の手紙

訳 依藤朝子

        尊敬するコフィ・アナン国連事務総長殿

 世界の人民の自由と平等、平和と人権、正義と良心の砦である国連総会の開催をお祝いいたします。 前代未聞の人間の生き地獄の障壁を越えて来た私ども脱北者は、第58回国連総会を迎え、コフィ・アナン国連事務総長殿に北朝鮮同胞の切なる願いを込めて、この手紙をお送りします。   今、北朝鮮人民は人間として享受するべき基本的な権利を知ることもできないまま、首領独裁の闇の中で日々を暮らしています。彼らは自分の経験する不幸と苦痛の根源が、金正日独裁政権に起因するという認識よりも、アメリカを初めとした国連の制裁と封鎖、弾圧による国際社会の孤立政策のためだという誤った認識を持っています。これは半世紀以上の首領独裁下で、歪曲された歴史観と世界観の教育によって手名づけられたためです。

 かりに彼らがあらゆる問題の根源が絶対悪、金正日にあるという事実を知っていたとしても、このような欺瞞宣伝が嘘であると、しいて口にしたり、集団的デモを行なおうとは思いもよらないのです。万一、こういった行動をするということが感付かれたら、現場で即決処刑されることは自明の事実であるため、誰一人として、あえてたち上がることができずにいるのです。

 ひもじさのために弱りきって国境を越えると民族反逆者になり、飢え死にしていく幼い子供を生かそうとする両親の必死の努力が個人利己主義だと罵られるのが、今日の北朝鮮の現実です。「首領様、なぜ配給米をくださらないのですか」と一言でもいおうものなら、反動として追われ、政治犯収容所に引かれていき、残忍な拷問と強制労働によって死を迎えるのが北朝鮮の現実です。それだけでなく、金日成逝去の記念日にお酒を飲んで酔って歌をうたったことが大罪にあたり、刑場の露と消えていった人もいることが寓話ではないことを、私たちはよく知っています。

 コフィ・アナン国連事務総長殿、このように無念を残して死んでいった多くの怨恨を誰が慰めるのでしょうか。    目を閉じると、今も恐怖に震えている彼らの哀切な悲鳴が鮮明に聞えてきます。このような北朝鮮の現実を、私たちはどうして傍観していなければならないのでしょうか。国連はなぜ、あのような者たちの暴力と非人間性に沈黙するしかないというのでしょうか。

 国際社会は、金正日独裁政権が朝鮮半島と善良な国際社会を相手に着手する核兵器 開発ごっこに構っていてはなりませんし、国連は、核兵器ごっこの裏に隠されている醜悪な人権蹂躙の惨状に目をそらせてはなりません。

 これまでの歴史の中で興ったいくつもの独裁政権の例からも見られるように、社会の自由と人権が拡大すれば、国際社会に相対していたそれらの脅迫と脅威も、自ずと消え去るでしょう。  北朝鮮の人権改善に対する国連の叫びが、東北アジアの平和と全世界の安全のための先決課題であることを知っていただきたく思います。首領独裁の終息と北朝鮮の民主化なくしては、北朝鮮の核問題の根本的な解決はもちろん、世界平和もまた有り得ないということをご理解いただきたく思います。  

 私たち脱北者の組織である「北朝鮮の民主化のための政治犯収容所解体運動本部」は、しばらく前に、北朝鮮の独裁体制維持の象徴である政治犯収容所の衛生写真を、収容所出身者たちの生々しい証言とともに公開いたしました。しかし、北朝鮮の独裁政権の蛮行を全世界に伝えるには、私たちの努力だけでは不十分であると思われます。それゆえ私たちは、国際社会を代表する国連が関心を持ち、参与して下さることが切実に望まれていると考えております。

 私たち、またこの運動は、一、ニ度の告発や訴えに留まることなく、北朝鮮人民が首領独裁から解放され、自由を取り戻すその日まで、精魂尽くして戦う所存です。

 尊敬する国連事務総長殿!!!

 世界平和と繁栄、民主主義、世界秩序の実現を目指す事務総長と国連の絶え間ないご努力に、再度敬意を表します。世界平和のためのこれまでの献身と意志が首領独裁の障壁を崩す光となることを信じて疑いません。そればかりでなく、事務総長と国連のそのような意志とご努力が、あわれな北朝鮮人民には非常に大きな鼓舞と希望になることを信じて疑いません。

 私たちは、事務総長が第58回国連総会の会期中に、私たち脱北者の切な願いを反映してくださることを期待いたします。

 私たちは、北朝鮮の核査察と同時に、国連レベルでの「政治犯収容所に対する公開査察」を強く希望いたします。既に確保された収容所の衛生写真に基づいて、北朝鮮の人権に関する「専門調査官を派遣」し、現在確認されている5箇所の政治犯収容所を公開査察できるよう、力を合わせてください。同時に、北朝鮮の凄惨な人権状況の改善のために、対北食料支援と経済支援、及び人権改善を、平行して進めていただくことと、中国国内にいる数十万の脱北者に対する迫害と強制送還の中断、難民地位認定のための諸条件の整備を、事務総長を通して強く求める所存です。

 事務総長が国連総会を通して、私たちの切な願いを世界各国の代表に伝えてくださったら、苦痛を受けている北朝鮮の人民に生きる希望を与え、民主主義の念願の種をまくことができることを信じて疑いません。同時に、北朝鮮独裁政権には己の罪を認めて、国際社会の一員として参加できる機会にもなり、これはまた、国連憲章とその使命にも大きく寄与することと思います。

 北朝鮮の人権と民主化を、世界の良心的な方たちが支持し、支援してくださいますように、お願いいたします。

2003年9月23日                 
北朝鮮民主化のための政治犯収容所解体運動本部                         共同代表 姜哲煥 安赫


  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
北朝鮮政治犯強制収容所解体運動本部の李民馥さんから手記が寄せられました。イ・ミンボさんが、日本での手記を岡部多美子さんあてに送ってくれました。翻訳は岡部さんによるものです。

脱北者としてはじめて見た日本 
          李民馥(イ・ミンボ)
 北朝鮮人にとって、日本といえば抗日である。抗日運動を進め
た金日成偶像化教育を通じ、自動的に洗脳されているためだ。
しかし、日本製と聞くと誰もが喜ぶという、まったく矛盾して
いるところもある。
そんな日本を直接目にした感懐は...     
 空から見た日本は、わが国と変わらなかった。南海(東シナ海)
側の海岸のように、入り江や島の多い、美しい国だった。
  日本の成田空港は、韓国の仁川空港に比べると、劣って見え
た。それでも、アメリカの空港よりはずっと良い。アメリカの空
港は仁川空港に比べたら、まるで倉庫の様であった。
後生恐るべしといったところか、仁川空港は世界トップクラス
の空港だ。
 成田空港から私たちの宿所となるYMCAホテルまでは電車で移動
した。日本滞在中、バスやタクシーを使う必要がなかったとこ
ろを見ると、日本の電車、地下鉄網は韓国よりも進んでいるよ
うだ。     
 人口がソウルと同じように集中している東京であるが、車の渋
滞も少なく、スピードも押さえ気味で、信号無視もしないと同
僚たちが言っていた。午前0時を過ぎても賑やかなソウルの町
とくらべると、夜の街は静かであった。
 町並みは、飾り立てている感じはなく清潔感があった。少し、
散らかっているようなところは、たいがい外国人の出入りの激
しいところだ。
 エコノミックアニマルという別名からは想像できないほど、看
板も控えめで派手さが無い。自動車も平均的に小さめだった。
韓国では人気の無い小型車が、ここ東京では一般的だ。また、
自転車が非常に多いという特徴も見られた。
  先進国ほど自転車が走りやすいように、道の段差が少ないの
だ。アメリカもまたそうであった。韓国では好まれない自転車で
あるが、ここでは本当に沢山の自転車を目にした。     
 住宅も小さかった。童話に登場するような小さな家々が、都心
や農村にもずらりと並んでいた。
食事もサッパリしていて、もっと食べたほうが良いのにと思っ
てしまうほど、量も控えめであった。コーヒーカップも杯も小
さかった。そして飲む酒の量も少ない。
 背格好も韓国人と比べたら、平均的に小柄に見えた。とにかく
何もかもが、控えめだ。
  それでも、日本は世界に認められている経済大国なのだ。
韓国は全く反対で、全てが大きい。大振りなアメリカ文化の影
響を受けすぎているように思う。民主主義以外の経済生活につ
いては、日本を手本にするべきだと思う。大きくて資源の豊富
なアメリカの真似をしていてはいけない。     
日本人の印象について。
  彼らは奥ゆかしく、ぺこぺこと丁寧に挨拶をしてくれる。名刺
を渡そうとすると、一度席を立ち、おしぼりで手を拭いてから
戻ってきて、両手で丁寧に受け取る日本女性に会った。'笑顔
の中にトゲがある'という日本人に対する批評は、良いものも
悪いと決め付けるような、卑屈な考えから来る言葉のように思
えてきた。
  いい日本人ばかりに会ったせいか、男性にしても女性にしても
非常に純真であった。
  しかし、正義の前では勇敢であった。
 デモ隊が朝鮮総連に立ち向かおうとすると、決められた時間
よりも5分早いからもう少し待つようにと、警察の制止を受け
た。法治社会の日本警察隊の前で、我々は少し気後れしてしまっ
た。しかし、小川晴久教授は、朝鮮総連本部進入をせき止めよ
うとする日本の警官隊に対し、激しく抗議し立ち向かって行っ
たのだ。この日本人教授の行動から、私たちは大きな勇気をも
らった。
 また、いつもは淑やかな、日本女性の行動にも驚かされた。政
治犯収容所解体運動本部、朴相学(パク・サンハク)青年組織局
長が警察の制止を押しのけ、総連本部の鉄門を乗り越えようと
ぶらさがった時、その女性は果敢にも、その下に回りこみ土台
になったのだ。     
 余談になるが、その女性にメンバーの中で一番カッコいいと思
う人はだれか、という質問をしたところ、姜(カン)某氏を選ん
だ。もう一人の女性に同じ質問をすると、安(アン)某氏を選ん
だ。申し合わせたように、日本の香りがする在日同胞出身者、
あるいは口ひげをつければ'日本の刑事'というイメージの男
性を選んだのだ。
 韓国では人気者の、安代表と事務局長は'チクショー'と声を
上げて悔しがった。
 やはり、日本人には日本人の好みや傾向があるようだ。     
 いずれにせよ、日本人と在日同胞達は、忙しい時間を割いて我
々に同行し、私費を使って20名余分の電車代や食事代を快く
払ってくれるような、人格者だった。     
 谷川さんという方は、年配にもかかわらず、額に汗して全ての
日程を共に過ごし最終日には駅まで見送りに来てくださった。
通訳の人に聞いた話によると、彼は1959年、在日同胞の北
送を盛時していた'親北朝鮮'日本人であったそうだ。
 しかし、人道主義に忠実になれと日本政府に圧力をかけてま
で送り出した在日朝鮮人達を、生き地獄に送ってしまったとい
う事実を後に知り心を痛め、それからは'反北朝鮮'運動に熱心
に取り組まれてきたそうだ。
 日本人と在日同胞達の市民意識と良心を見ることができる代表
的な事例である。
 その他にも、脱北者たちを救うために、中国政府に逮捕拘束を
されてしまった加藤さんはじめ、影から脱北者達を支えている
方々、脱北した子供たちを養子にむかえ育てていらっしゃる日
本の方々にお会いして、頭の上がらない思いをした。良心的な
日本人が、こんなにも沢山いるという事実は、私達にとってこ
の上ない励ましとなった。
 日本の外務省に、安赫、姜哲煥、安明哲が日本で出版された本
を渡すところを見たとき、本の重要性!を実感した。実際に、
この本がきっかけとなり、この運動に参与するようになったと
いう人も多い。
 我々も北朝鮮のことを知らせる本を書かなければならない。有
名であろうが無かろうか、そんなことは関係ない。それぞれの
生活手記を通じ、北朝鮮のことを広く知ってもらうのだ。     
 終わりに、朝鮮総連に対する理解について。
総連は金正日の手先であると考えデモをした。
しかし、ひっそりと見守っていた総連系の女性の話を聞いて、
彼らの心情をより深く知ることになった。
初期の朝鮮総連は、純粋な民族精神として出発し、当時は韓国
よりも北朝鮮のほうがずっと祖国らしく思えた。しかし、その
理想の祖国は、生き地獄だった。
 総連は閉鎖的な北朝鮮で生活しているのならばともかく、どう
して日本にいるにもかかわらず知らないと言えるのだろうか。
さらに、日本人拉致まで認めた金正日の蛮行のために、秩序と
法治の国で顔を上げて歩けないだろう。
 しかし、帰国していった家族、親戚への心配、自分の身の上な
ど、いろいろな事柄が交錯し、彼らは総連に背を向けることが
できないのだ。むしろ金正日政権の人質であり被害者なのだ。
これからデモをするときは「総連を人質にしている金正日政権
を追放しろ!」と号令を変えなければならない。
 こうして彼らの心情を理解し、代弁することにより、心だけは
通わせていかなければならない。
 今回の日本訪問は、脱北者が団体で、外国の地でデモをする始
めての契機となった。
 個人的にもはじめての日本訪問は、意味深いデモと共に、抗日
概念をくつがえす良い機会となった。
     

解体運動本部の韓日連帯会議アッピール

北朝鮮人民の現実は余りにも残酷です。

300万の北朝鮮人民が餓死しました。20余万名の脱北者が異国の地をさまよい、自由を求めて3500余の脱北者が大韓民国に亡命しました。

  今、北朝鮮では北朝鮮人民の大部分が多くの権利を剥奪されたまま、ほとんど奴隷のように生きています。彼らには思想の自由も、言論集会結杜の自由も、宗教の自由も、旅行の自由もありません。北朝鮮人民は死ぬ日まで金正日に忠誠を尽くす義務が存在するだけです。

 政治犯収容所の人権弾圧は継続されています。
  北朝鮮には現在確認されているだけで5つの収容所(耀徳、会寧、清津、化成、价川収容所)があります。収容所には10万余名の政治犯たちが死ぬ日だけを待っています。

  収容所では人はけだもの以下に扱われています 殴打と拷問は毎日であり、甚だしくは裁判の手続きもなく人をやたらと殺すことは一度や二度ではありません。極端な飢えに苦しめられ、生きるためにネズミをつかまえ食べることのできた日はとても運のよい日です。そして多くの若い女性たちは管理者や警備兵たちの性的奴隷として生きています。

 日本の皆さんの知性と良心に訴えます。

  皆さんの隣国北朝鮮の地では、金正日の首領独裁によって余りに多くの人々が死んでいきました。今現在もとても想像できない人間以下のひどい扱いを受け、奴隷の生を強要されています。このような現実を前にして私たち3500余の脱北者たちは沈黙していることはできません。

知性と良心をもつ世界のすべての人々もまたこの時代の最後の生地獄である北の地に目を背けてはならず、金正日政権の野蛮な行為をこれ以上容認してはなりません。

 日本の皆さんの知性と良心に訴えます。東北アジアの本当の平和と安定のため、収容所で死んでいった在日同胞と日本人妻、日本人拉致問題の真実をつかむためにも、私たちの正義の行動を支持し、連帯して下さることを心から訴えます。

2003830
北朝鮮民主化のための政治犯収容所解体運動本部

 

==========================

姜哲煥・安赫・安明哲氏ら

北朝鮮政治犯強制収容所解体運動本部 
来日講演

==========================

去る6月3日、ソウルにて、北朝鮮の人権抑圧の極点とも言われる政治犯収容所の解体・廃絶を求めるNGO「北朝鮮民主化のための政治犯収容所解体運動本部」が、収容所体験者である姜哲煥・安赫両氏を代表に結成されました。彼らはこの9月、この日本にて政治犯収容所の実態を告発する証言集会、並びに収容所廃絶、北朝鮮人権状況の改善を日本国民に訴えるデモ行進を行います。

 この文面を作っている最中の8月7日、脱北難民(元在日帰国者家族)の救出に当たっていた当会代表の山田文明氏、韓国人ジャーナリスト金基柱、金升鎮、琴明燮各氏、脱北難民8名(中国側発表)計12名が上海で中国公安に拘束されてしまう事件が発生しました。全員の早期釈放をかちとるために、集会ではこの問題も訴えます。

************************************************************
 

東京集会(参加費1,000円)

日時:9月6日(土)午後一時開会

場所:カメリアホール(亀戸文化センター) JR亀戸駅徒歩3分 TEL 03-5626-2121    地図(このページの下の部分)

□東京デモ行進

日時:9月7日(日)午後2時より

場所:水谷橋公園(銀座線京橋駅2番出口徒歩3分)集合

 

大阪集会(参加費1,000円)

日時:9月13日(土)午後一時開会

場所:大阪府中小企業文化会館講堂 
地下鉄谷町九丁目駅徒歩10分TEL 06-6771-4096
   (大阪府職業訓練センター)
地図(このページの下の部分)

************************************************************

■地方証言集会(いずれも午後6時15分〜8時45分)

◇東回り(姜哲煥氏ほか)

◎9月9日(火)仙台集会

場所:宮城県民会館601大会議室(地下鉄勾当台公園駅下車)

   仙台市青葉区国分町3−3−7 TEL 022-225-8641

9月10日(水)札幌集会

場所:「ちえりあ」[札幌市生涯学習総合センター](地下鉄宮の沢駅下車)

   札幌市西区宮の沢一条一丁目1−10 TEL 011-671-2200

◎9月11日(木)新潟集会

場所:新潟市万代市民会館 6F多目的ホール(JR新潟駅徒歩7分)

   新潟市東万代町9−1 TEL 025-246-7711

◎9月12日(金)名古屋集会

場所:名古屋YWCA多目的ホール ビッグ・スペース(地下鉄栄駅徒歩3分)

   名古屋市中区新栄町2−3 TEL 052-961-7707

 

◇西回り(安明哲・金泰振各氏ほか)

9月9日(火)広島集会

場所:広島市西区民文化センター スタジオ(JR横川駅−広島の次駅−徒歩2分)

   広島市西区横川新町6−1 TEL 082-234-1960

◎9月10日(水)福岡集会

場所:天神ビル 9F9号室(地下鉄天神駅・真上)

福岡市中央区天神2−12−1 TEL 092-721-3111

◎9月11日(木)松山集会

場所:松山コミュニティセンター 大会議室(JR松山駅徒歩2分)

   松山市湊町7−5 TEL 089-921-8222

 

************************************************************

◆主催

 北朝鮮民主化のための政治犯収容所解体運動本部

 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会

  連絡先

 〒136-0072 東京都江東区大島7−6−6(三浦方)

 TEL 03-3681-9309 FAX 03-3681-9310

************************************************************