このページは、守る会の過去のページです。新しいホームページはこちらをクリックして下さい。



 ホーム


守る会組織

 呼びかけ
入会の御案内 
会則

カルメギの記事

交流の広場
掲示板


お得な情報
3.03掲載
 

リンク Friendly Link

翻訳サイト


書籍
特別に紹介させていただきます
『隠された戦争』
(萩原遼 著)


「生命

人権」


目次

(購入方法)

ダウンロードは
右クリック

第一巻

第二巻

第三巻

第四巻

第五巻

第六巻

第七巻

サンプル2

(ショルテ女史)
 


御支援の
お願い

脱北者あしなが基金

脱北帰国者支援機構

  写真
chung
chubong

haengyong

yongbyon

naksaeng

アクロバット・リーダーのダウンロード


 

  以下は人体実験に対する守る会の見解です。


  藻屑の皆さん、北朝鮮の2.8ビナロン
連合企業所(化学工場)で生体実験が行われ
ていることを示す”移管書”について、先日「北朝鮮難民救援基金」の2月22日の報告集会で知ることの出来た大切な情報をお知らせします。
 
  当日報告された人は私が大変尊敬してい
る韓国人の国際人権活動家、金尚憲(キム・
サンホン)という方です。

  この方は北朝鮮の山の中の強制収容所の
存在と実態を世界に英文で知らせるために、
8年前から尽力しているひとです。国連の世
界食糧計画に18年も勤務されたひとで、そ
の英語はとても立派なものです。同時にこの
方は、中朝国境に飛び、脱北難民の救出にも
当たってきました。今までに200名近い難
民と接してきています。
  当日のお話もここから始まりました。難
民の証言の中に北朝鮮の生体実験に関するものがままあったので、それをファイルするよ
うにしたとのことです。しかし物的証拠があ
りません。そこでそれを探す努力を数年前か
ら始めます。
  
  3年前にある若者が脱北しソウルに亡命
しました。彼のお父さんが興南市の化学工場
で働いていることを知ります。その息子を介
してそのお父さんに、生体実験の物的証拠を
捜してほしい旨頼みました。そんなことに協
力したら、その人は勿論その家族が皆殺され
ます。難しいだろうなと考えていました。ところが半年以上たった昨年7月そのお父さんから連絡があったのです。それが手に入ったという連絡です。
  
  昨年4月7日彼は自分が23年も勤務して
いる2.8ビナロン連合企業所のある場所の
電気工事に当たりました。そこで生体実験の
施設を目撃したのです。必ずそれを示す書類
がある筈だとにらんだ彼は、6月のある日、
この工場内にある国家保衛部長の部屋に偶然入ることが出来、机の上にあった”移管書”
の綴じ込みから4枚引きちぎり、丸めてそれ
を紙くずかごに捨て、あとでそこから取り出
し、またぐらに入れて持ち出すことに成功し
たというのです。彼は8月に家族と共に中国
に脱出し、長男(既にソウルに亡命していた)
にそれをわたします。移管書はいち早くソウ
ルにもたらされました。

  金尚憲さんは12月中旬ソウルでBBCの女性記者のインタビューを受け、移管書の1枚が
イギリスに渡ります。その記者は1ヶ月以上
かけてそれを政府関係機関などで吟味しても
らい、先日の2月1日のBBCの放送となったの
です。

  ところが、エンジニア一家は今年の1月
3日、中国から出国直前に中国南部の国境沿
いで中国公安に逮捕されてしまいます。奥さ
んと一番下の息子(25歳)の3人です。
1月25日には長男がタイのバンコックのホテ
ルの近くで数人の北朝鮮工作員に拉致されそ
うになります。息子を拉致すれば、移管書が
取り戻せると思ったのでしょう。しかし移管
書はすでに数箇所に分散してあり、北当局は
取り戻しに失敗したのです。

  金尚憲さんは英に飛び、2月11日記者会
見しました。そのあとブリュッセルとジュネーブでも訴えました。1月3日捕まったエンジニア一家が北朝鮮に強制送還されるのを阻止し、救出するためです。2月17日の時点で3人は昆明に捕われていることが確認されています。強制送還の危険大です。もし送還されたら、この技師は処刑されるでしょう。

  ところが韓国政府は、この移管書は偽物
である可能性があると言い出しています。全
く金正日を助ける以外の何物でもありませ
ん。この技師一家の救出にも何一つしていま
せん。

  日本のマスコミも政府も各界も目立った
反応をしていません。驚くべき事態です。偽
物説に幻惑されているのでしょうか。それと
も生体実験についてさしたる興味もないので
しょうか。

  関心のある方は、北朝鮮難民救援基金の
ホームページの英文の資料を見てください。
http://www.northkoreanrefugees.com/

Arrested by China,May Be Repatriated
They Broke My NeckAnd Back Horrors at Daily Site No.2 NK
Systematically Experimenting on Humans at Hamhung
の諸文を是非読んで下さい。

 2004.2.25   小川 晴久