このページは、守る会の過去のページです。新しいホームページはこちらをクリックして下さい。



 ホーム


守る会組織

 呼びかけ
入会の御案内 
会則

カルメギの記事

交流の広場
掲示板


お得な情報
3.03掲載
 

リンク Friendly Link

翻訳サイト


書籍
特別に紹介させていただきます
『隠された戦争』
(萩原遼 著)


「生命

人権」


目次

(購入方法)

ダウンロードは
右クリック

第一巻

第二巻

第三巻

第四巻

第五巻

第六巻

第七巻

サンプル2

(ショルテ女史)
 


御支援の
お願い

脱北者あしなが基金

脱北帰国者支援機構

  写真
chung
chubong

haengyong

yongbyon

naksaeng

アクロバット・リーダーのダウンロード


 

                        07年6月27日        守る会声明

   北京の北朝鮮大使館における
            都チュジさんの会見について

       北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
                                                   代 表 三浦小太郎

 報道によると、26日午前9時ごろ、北京の北朝鮮大使館で都チュジという女性が記者会見し、2003年10月に騙されて北朝鮮から連れ出され、日本に強制的に連行されていった、北朝鮮で幸せにくらしている子供たちに会いたくて、死ぬとしても子供たちのそばで死にたいと思い、また祖国にもどることになった、と語った。

 私たちが知る限り、都チュジ(石川一二三、日本人妻の娘)さんは日本に入国する目的で中国に渡ったわけではなく、中国に出た後の事情で日本に来ることになった特殊な事例であった。このため、脱北と日本入国後の生活や、北朝鮮に残る子供たちの生活について、自分自身の明確な判断と決意のもとに行動したものではなかった。そして、日本入国後も、日本で生活している現実に立脚した最善の道を選択して努力することにならなかったことは、きわめて残念である。
 都チュジさんが北京の北朝鮮大使館に入り、北朝鮮に戻る行動をとるにいたった具体的事情としては、北朝鮮にいる都さんの子供たちから、北朝鮮に戻って来てほしいとう電話などによる必死の働きかけが、何年にもわたって繰り返し繰り返しあったこと、日本で支えあう友人を作ることができず、孤独ななかで生活していたため、適切な助言を得て問題に対処していくことができなかったことが、今回の事態を生み出したと判断する。

 だが、平島筆子さんが同様の行動を取った場合と同じように、今回の都さんの行動の背後には、北朝鮮の子供たちに継続して北朝鮮にもどるよう必死の働きかけをさせ、母親の心理を巧みに突いた北朝鮮当局の作意と行動がある。北京の北朝鮮大使館へ入るまでの行動を誘導した者がいたこと、大使館でおこなわれた記者会見の発言内容の不自然さ、そして一切の自由な質疑を排除していることなど、北朝鮮当局が自国民の拉致被害を演出・PRし、自らの拉致犯罪に対する追及をかわす手段にしようとしていることは明白である。
 日本に入国した脱北者に共通する最大の不安と苦悩は、北朝鮮に残る家族の生活であり、その安全である。慣れない環境で働いて得たわずかな収入のなかから、あるいは生活保護費を節約してためたお金を、”命の水“として北朝鮮の家族にとどけようとしている。日本に脱北した自分のせいで北朝鮮に残る家族が監視され、時には拘束され、送金したお金もそのまま家族の手元に届くことはない。北朝鮮当局の欺瞞性と
恐ろしさ、邪悪さ、卑劣さを知り尽くしているのは脱北者自身である。

 だからこそ、金正日への忠誠を表明し、北朝鮮当局の意図を体現することで、子供たちの安全を守ろうとする悲劇的な行動が生まれてしまう。
 日本政府と私たちは、脱北して日本に入国できた人たち自身が受けた被害と苦しみへの理解に加え、北朝鮮に残る家族が明日をも知れない不安定な状況に置かれ、生死をさまようような日々を送っていることを理解し、拉致問題をはじめとする北朝鮮の人権問題を根本から解決するために、できることから行動を起こしていこうではありませんか。
 私たちは金正日政権に言う。都さん、そして平島筆子さんとその家族の安全を保障し、すべての脱北者の家族の安全を保障せよ。都さん、平島さんが日本で人権を保障され、自由に国外へ渡っていったように、北朝鮮のすべての国民に人権を保障し、国外への移動の自由を保障せよ。

   連絡先 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
      ホームページ http://homepage1.nifty.com/northkorea/
      代 表 三浦小太郎 
  E-mail:miurakotarou@hotmail.com