このページは、守る会の過去のページです。新しいホームページはこちらをクリックして下さい。



 ホーム


守る会組織

 呼びかけ
入会の御案内 
会則

カルメギの記事

交流の広場
掲示板


お得な情報
3.03掲載
 

リンク Friendly Link

翻訳サイト


書籍
特別に紹介させていただきます
『隠された戦争』
(萩原遼 著)


「生命

人権」


目次

(購入方法)

ダウンロードは
右クリック

第一巻

第二巻

第三巻

第四巻

第五巻

第六巻

第七巻

サンプル2

(ショルテ女史)
 


御支援の
お願い

脱北者あしなが基金

脱北帰国者支援機構

  写真
chung
chubong

haengyong

yongbyon

naksaeng

アクロバット・リーダーのダウンロード


 

北朝鮮行方不明者証言集会

集会の様子をスライドで流します。説明は準備中です。

     
かるめぎ
    
No.49  2003.5.1

2月27日来日 元在日脱北者11名 
40年ぶりに日本の故郷へ

北朝鮮と脱北の実情、日本への望郷を語る

31日大阪集会、378日政府・政党要請、9日東京集会

 

  北朝鮮帰国者とその家族が数多く脱北し、韓国に亡命していますが、この度アジアプレスの石丸次郎さんの協力を得て、日本の7つの団体が共同で11人を日本に招待しました。40年ぶりに故郷日本を訪問した11人は、記者会見や東京・大阪の証言集会で実情を訴え、政府・政党に脱北者の救出を要請し、朝鮮総連にも抗議と要請に出かけました。

  報道機関も熱心に取材し、故郷への訪問や証言内容をかってない規模で報道しました。帰国者の人権問題をアッピールする上で、11人の勇気ある証言は大きな意義があったと思います。     北朝鮮に残る家族の身の上を心配しながらも、辛く悲しい体験を敢えて語ってくれた11人につづき、日本に戻った脱北者や在日家族が立ち上がり、金正日政権の人権犯罪と中国政府の脱北者迫害を糾弾する国際世論を喚起し、政治の責任で実効ある対応を実現していきたいと考えます。この誌面に証言の一部と要請文を掲載します。

かるめぎ   No.49  2003.5.1