このページは、守る会の過去のページです。新しいホームページはこちらをクリックして下さい。



 ホーム


守る会組織

 呼びかけ
入会の御案内 
会則

カルメギの記事

交流の広場
掲示板


お得な情報
3.03掲載
 

リンク Friendly Link

翻訳サイト


書籍
特別に紹介させていただきます
『隠された戦争』
(萩原遼 著)


「生命

人権」


目次

(購入方法)

ダウンロードは
右クリック

第一巻

第二巻

第三巻

第四巻

第五巻

第六巻

第七巻

サンプル2

(ショルテ女史)
 


御支援の
お願い

脱北者あしなが基金

脱北帰国者支援機構

  写真
chung
chubong

haengyong

yongbyon

naksaeng

アクロバット・リーダーのダウンロード


 

調査会NEWS 418(18.10.14)
 昨日(13日)の記者会見で下記について発表しました。
■1000番台リスト(第10次)
 日高信夫さんをゼロ番台リスト(拉致の可能性が排除できない失踪者)から
1000番台リスト(拉致の可能性が高い失踪者)に変更しました。
<本件に関する経過>
  8月1日(火) 報道関係者から当該目撃情報について調査会に報告
  8月4日 (金 )  日高信夫さんについて記者会見(東京)
  8月9日 (水)   鹿児島で記者会見
 10月6日 (金)   当該目撃者と調査会真鍋専務理事が、韓国にて接触、新たに日高
さんの思われる当該人物の特徴について詳細に証言を得た。目撃者の証言内容と、関
係者の証言との比較は別紙の通り。比較の結果、目撃証言についての信憑性は極めて
高く、1000番台リストとすることに合理的な根拠があると判断
<ご家族からのメッセージ>
 今回、改めて目撃者からの情報をいただいて、その人は本人のように思う。
 今後、家族としても本人が拉致された可能性が濃厚だという認識で、真剣に対応を
していきたい。
 本人が拉致濃厚であることから、日本政府は責任をもって対処してもらいたい。こ
れまでのように、日本政府の対応が後手後手に回ることのないように強く願ってい
る。
 北朝鮮に対しては、核実験を行うようなことをやめて、人道的に対処し、拉致被害
者を速やかに日本に帰国させて欲しい。これ以上、家族に苦しい思いを続けさせるこ
とがないように願っている。
                                     
                   日高万亀男(ひだかまきお) 実弟
 *調査会から、マスコミ関係者への要請
 日高万亀男さんの体調不良のため、個別のマスコミ対応につきましては、ご遠慮さ
れるようお願い申し上げます。尚、鹿児島でのご家族の窓口は、下記までお願い致し
ます。
木村宏次郎 (救う会鹿児島副会長) 090-5473-4115
<今後の対応>
 刑事告発を警視庁(失踪場所が東京のため)に提出することを予定(10月中、日時未
定)
 政府に対して、拉致被害者としての認定を求める要請活動を予定(同上)
 同時に、特定失踪者ご家族からの署名も政府に提出予定(同上)
<失踪の経過>
 失踪年月日   1967年(昭和42年)9月頃
 失踪当時の年齢 22歳
 失踪当時の身分 印刷工
         東京都内の印刷会社を退職後か、在籍中に失踪
 失踪当時の住所 東京都新宿区水道町 会社の独身寮
 出身地     鹿児島県
 失踪の状況
  ご家族の記憶によれば「新しい仕事が大阪で見つかった」ということで、そのた
め、会社の同僚が上野駅まで見送っ
たのが最後の目撃証言という。現在でも、当該の会社の同僚が誰かは不明。また、な
ぜ上野駅だったのかについても不明。
■マッピング・リストNo.7
原子力発電・核兵器・ミサイル開発に関係する技術者の失踪
    失踪者   失踪年   職業
山下平   1960年 金属加工業
A(女性)   1964年 電力会社勤務
佐藤益一  1970年 日立製作所
荒谷敏生  1974年 北陸建工勤務、日本高周波に勤務
三浦和彦  1974年 松下電器(ラジオ組み立て) アベックでの失踪
高野清文  1976年 電通大学学生(材料学の研究)
B       1976年 鋳型工場勤務
C        1978年 化学会社勤務
D        1979年 川崎航空機に勤務
中島裕夫  1980年 化学の専門化(製粉技術)  アベックでの失踪
横山辰夫  1981年 溶接工
河嶋功一  1982年 ロボットアームの研究
伊原照治  1984年 城口研究所勤務、配管工
亀谷博昭  1986年 精工電機 精密機器組み立て
矢倉富
康  1988年 マシニングセンター技術者(失踪当時は漁師)
               ミサイル部品製作に必要な精密機械制御の技術者
石坂孝   1988年 厚生省技官(毒性物質の検査技師)
矢島克己  1989年 埼玉大学大学院(電気物理学の研究)
E       1991年 電気技術者
F        1995年 原発関係の技術者
安西正博  1996年 荏原製作所(ポンプ)の営業
* このリストは、原子力・核・ミサイルに関連する技術や知識を持っている失踪者
をまとめたものであり、河嶋功一さんを除いて、現段階で拉致の可能性が濃厚という
判断に立っているものではありません。
■調査会役員の参加する講演会等の予定
(公開のイベントのみ。救う会・家族会の役員と兼任の役員が参加する場合もありま
すが、調査会の役員として出席する場合のみ記載してあります)。
★10月15日(日)13:30〜 那珂市集会(那珂市集会実行委員会主催)●那珂市総合
センター●代表荒木が参加●問合せ 090-1548-5294(海野さん)
★11月26日(日)13:30~ 米子集会(松本京子さんの人権の確保と拉致被害者政府認
定を求める米子ウォーク主催)●米子図書館大会議室●代表荒木・常務理事妹原が参
加●問合せ 090-4697-6197(妹原常務理事
★平成19年1月14日 (日)13:30〜  北朝鮮による拉致・人権問題を考える
神奈川県民集会●横浜情報文化センター 情文ホール
http://www.idec.or.jp/shisetsu/s6-jouhou.php4?f=jouhou
/6-map.htm●理事村尾が参加●問合せ:090(9816)2187
              特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004    東京都文京区後楽2-3-8 第6松屋ビル401
Tel 03-5684-5058 Fax 03-5684-5059 email:chosakai@circus.ocn.ne.jp
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
戦略情報研究所ホームページ: http://www.senryaku-jouhou.jp/
発行責任者 荒木和博 
●資金カンパのご協力をよろしくお願いします。