twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


北朝鮮最新情報 :ミサイル:「北の行動は中国の支援・黙認の結果」 
└ 2012-12-07 13:25

ミサイル:「北の行動は中国の支援・黙認の結果」

米国議会下院外交委員長に内定したエド・ロイス議員

 「住民が飢えているにもかかわらず、北朝鮮が相次いでロケットを発射するのは、中国が支援・黙認しているからだ。北朝鮮の核・ミサイルの鍵は中国だ。中国が国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議を破り続けるのなら、中国の企業・銀行も制裁を受けなければならない」


 米国連邦議会下院の新しい外交委員長に内定したエド・ロイス議員(共和党・カリフォルニア州)は5日(現地時間)、本紙の電話インタビューに応じ「今米国がすべきことは、中国を圧迫し、北朝鮮の政権への支援をやめさせること」という趣旨の発言を行った。


 ロサンゼルスの韓国系住民密集地域を選挙区内に抱えるロイス議員は米国議会の代表的な「知韓派」で、韓半島(朝鮮半島)問題に多大な関心を持って活動してきた。


-北朝鮮がロケット発射計画を発表したが、今後の対北政策の方向は。


 「北朝鮮の違法な行為について話し合えるよう、対話の道は開いておくべきだ。ただし、北朝鮮が約束を履行しないのに『ニンジン』を与えるというような交渉は支持しない。北朝鮮が本当に約束を守ると思いたいが、歴史の記録は、失望させられるものだった」


-最近声明で取り上げた「クリエーティブな対北朝鮮制裁」にはどのようなものがあるか。


 「かつて行われたマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)関連の制裁は、北朝鮮の偽札作りにブレーキをかけ、政権に資金が流れ込むのを遮断し、極めて効果的だった。現在は状況が変わっているが、BDAのような、力と創意がありピントの合った制裁戦略を開発すべきだ。銀行口座を凍結するような戦略を立てなければならない」


-米国政府が北朝鮮と水面下で交渉を模索する恐れがある。


 「北朝鮮が核・ミサイル拡散政策を捨てない状態で、いたずらに交渉に乗り出すのは反対だ。外交委員長として、政府のこうした動きを監視することが、今後の私の重要な関心事になるだろう」


-北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党第1書記は、米国の対話パートナーになれると思うか。


 「判断するのはまだ早い。とはいえ、金第1書記が最近、シリアで民主化運動が広がっているにもかかわらず、独裁政権側のミサイルや化学兵器プログラムを支援しているのは、極めて悪い兆候だ。また北朝鮮が武器輸出やミサイル実験を続けていることも、金第1書記が前の世代と違わないことを示している」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/07/2012120700723.html






HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.