twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


北朝鮮最新情報 :核の兵器化で異なる分析 中国は北の動きを黙認か 
└ 2013-02-20 17:52

核の兵器化で異なる分析 中国は北の動きを黙認か

 北韓の第3次核実験後、兵器化ができるかどうか、核の専門家の分析は割れている。韓国政府は兵器化はまだできていないとして、いわゆる「韓半島非核化」政策が依然として有効であるとの立場を堅持している。
 北韓が核の兵器化に成功したかどうかの最大の指標は爆発力だ。韓国国防部は12日、最初に「マグニチュード5・0」と推定していた爆発の規模を「4・9程度」と下方修正。「核爆弾(の爆発規模)は6〜7キロトンで、核実験は部分的に失敗したようだ」と訂正した。

 マグニチュード5・0の場合、爆発力は10キロトンを超えて核兵器のレベルに到達する。広島に落とされた原爆の爆発力は12〜13キロトンといわれている。
 米国地質調査所と日本の象庁はマグニチュード5・0を上回るというデータを発表。ドイツ政府傘下の研究所は、爆発力が40キロトンに達すると分析した。

 北韓の非核化には、韓国だけでなく国際的な枠組みで取り組んできた。1993年から続く北韓の核問題解決のため03年から始まった6カ国協議の「朝鮮半島の非核化」議論は、すでに形骸化しているとの指摘がなされて久しい。
 米国のジョン・ケリー国務長官は13日、記者会見を開き、「これ(3回目の核実験)は、核拡散の問題」と述べ、米国の対北核政策が「非核化」から「不拡散」に変わったことを示唆した。米上院は同日、北韓の核拡散禁止法案を発議し、北韓に非核化を求めた上で「拡散活動を中断しなければならない」と不拡散に言及した。

 中国は北韓で核実験の兆候が現れると、中朝関係の破綻や経済的支援の中断を匂わせ、対北圧力を高めた。しかし実験後、政府ラインの声は弱まっている。中国はこれまでのように、発言で北に圧力を加えるだけで、実際には北韓を支援する可能性が高い。
 中国は過去2回の北核実験で、国連制裁に賛成票を投じた。しかしその後高官を北韓に派遣し、早期の関係復元を図り、大規模な対北支援に乗り出した。
 北韓の対中貿易依存度は、1回目の核実験の時に40%ほどだったが、現在は70%を超えている。今回も中国のやり方は繰り返されるという観測が支配的だ。
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=72514&thread=03r01










HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.