北朝鮮人権情報ニュース(34)囚人が履物を許可なく買っただけで殴打・暴行を受ける  

└ 2013-07-30 14:59

北朝鮮人権情報ニュース(34)囚人が履物を許可なく買っただけで殴打・暴行を受ける 

事件の概要

被害者董光春(トン・グァンチュン)が2007年両江道(リャンガンド)普天郡(ポチョングン)普天鍛練隊に拘禁当時、同僚が許可なしで買った履物を履いたという理由で保安員金基春(キム・ギチュン)によって殴打される。

事件の発生時期および場所
発生時期(期間) : 2007年
発生場所 : 両江道普天郡普天鍛練隊

人権侵害の類型
権利の類型 : 個人の尊厳性および自由権
侵害の類型 : 拷問及び暴行
細部な項目 : 殴打(暴行)

被害者董光春は2007年、不法越境罪で労働鍛練刑6ヶ月を受け両江道普天郡普天鍛練隊に拘禁された。拘禁の途中で、被害者の履き物が駄目になってしまい、同僚が面会時に貰ったお金で履き物を購入してくれた。当時、鍛練隊の保安員金基春は、董光春の同僚が面会時に食べ物だけ貰ったと報告したのに、違っていると知って就寝中だった同僚を呼び出し、やたらに暴行した。これで終わらず金基春は、同僚が買った履物を履いた董光春を呼び出し、気を失って倒れるほど暴行を加えた。金基春は常習的に鍛練隊に拘禁中の収監者に暴行を加えることが知られている。

“董光春は金基春にショックを与えるほど殴られました。後日には治りしたが。それでも仕事はしなければならないので、苦痛を堪えながらも連行されて働かされました。謝罪なんてありません。 そういうのは自己の仕事と考える人たちなので。”

被害者
董光春(男、1974年生れと推定、2013年現在40歳程、両江道普天郡出身)

加害容疑者(機関)
金基春(男、年齢未詳、黄海道(ファンヘド)出身、両江道普天郡居住、鍛練隊保安員)

情報提供者
情報提供者は上の事件を北朝鮮で直接目撃したし、韓国に脱北した後これに対して証言したが、自身の身辺安全上の理由から公開を許諾しなかった。

情報の出処 : (社)北朝鮮人権情報センター人権調査面接紙
情報受付時期 : 2013年6月
情報受付場所 : 北朝鮮人権記録調査室
情報受付方法 : 面談調査
情報取得および事件分析者 : 北朝鮮人権情報センター研究員
検証者 : 北朝鮮人権情報センター北朝鮮人権事件リポート検証委員会

北朝鮮人権情報センターで確保した多様な証言によれば、労働鍛練隊では暴行が頻繁に起きているということがわかる。殴打される原因は、逃走を試みて捕まったり、仕事を上手くできない時、または鍛練隊の内部規定を守らない時に、主に殴打される。殴打は鍛練隊長をはじめ管理員が直接するのだが、収監者が鍛練隊内で死亡した場合、管理員が責任を負うので、班長をはじめ同僚の収監者たちに特定収監者に対する殴打を強要したりする。また、 殴打・栄養失調など複合的な原因から収監者の生命が危険な状態になるまで放置された後、病気保釈で解放されて来たが後遺症で死亡したという証言も、多く聞かれる。

北朝鮮の労働鍛練隊は1990年に発表された“簡単な軽犯罪に対して、郡で自主的に教養させることに対して”という金正日の方針により、北朝鮮の各市・郡ごとに設置され運営している。労働鍛練隊は軽犯罪(携帯電話の所持、軽い窃盗、または詐欺、単純暴行など)を犯した人の中で、「非社会主義的行為をして収容された者」と「裁判所で労働鍛練刑を宣告された者」が主に収容される。犯罪者の収監期間は主に、裁判を経ない場合、1 〜 3ヶ月が一般的で、裁判を経て労働鍛練刑を受けると6ヶ月から2年まで収監されるケースもある。収監者は公民権を維持したまま、地域の農場を支援させられたり、建設現場作業に無報酬で参加させられ、学習と生活総括にも参加する。

労働鍛練隊の管理主体は一般的に市・郡保安署所属で、人民保安部が執行し、人民委員会が協力する方式だ。管理組織は鍛練隊長を中心に秘書、管理指導員(人民委員会法制課所属)、保安員で構成され、労働鍛練隊の規模によるが2〜6人程度である。労働鍛練隊別に面会が可能な特定の曜日と面会可能な回数、面会許容対象者の範囲などに対する統一した規定はないと見られ、鍛練隊別に差がある。家族または親戚は面会の時、食べ物と生活必需品を持ってくれば収監者に渡せるが、管理員は収監者に対する各種の便宜提供を理由に、賄賂を要求したりする。

北朝鮮人権情報センターの「NKDB統合DB」によれば2013年6月現在、鍛練隊で殴打された件数は178件である。特に2008年以後も、このような殴打が多数証言されていることから見ると、このような鍛練隊内の殴打は現在も頻繁に起きていて、非常に深刻な状況と見ることができる。



HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.