帰国事業訴訟

帰国事業で北朝鮮に渡り苦痛を受けたのは、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が現地の実態を説明しなかったためだとして、2003年に脱北した大阪府在住の千葉優美子さん(高政美さん)が2008年6月13日、朝鮮総連に慰謝料など1100万円の支払いを求め大阪地裁に提訴しました。守る会では、千葉さんの訴訟を支援していきます。大阪地裁に提出された訴状は、こちらのWord書類をダウンロードしてご覧下さい

 

裁判支援のためのご寄付は下記にお願いします。

郵便振替口座
口座名「守る会訴訟支援」   
口座番号 「00920-7-134220」


朝鮮総連を提訴するため大阪地裁に向かう千葉さんら


結審しました。
クリックで拡大します

     
訴状 ■高政美さん陳述書 ■山田文明陳述書 ■裁判ニュース

<<前の5件| 次の5件>>
訴訟支援ニュース:北朝鮮帰国運動(帰還事業)関連年表 
└ 2009-07-12 11:06

北朝鮮帰国運動(帰還事業)関連年表

1954・1・6 日本赤十字社(日赤)北朝鮮残留日本人の帰国援助を朝鮮赤十字会(朝赤)に申し入れる(赤十字社連盟を通じ)。同時に、残留日本人の帰国が許されるなら、その便船を利用し、在日朝鮮人の帰国を援助する旨を表明。

1955(昭30)

4月、北朝鮮が日本人の送還を計画している旨、ニューデリーのアジア諸国平和会議に出席した畑中政春氏より日赤に連絡あり。
4・13 日赤、朝赤に確認求める。
4・18 朝赤より送還に努力中という回答あり。この直後に北朝鮮・南日外相声明あり。「日本人の帰国は日朝協会と協同で日赤が当たり、打合わせのため両者の代表を平壌派遣するよう要請」

1956(昭31)

1・27 日赤代表団、平壌到着。【葛西嘉資(副社長)井上益太郎(外事部長)、宮越喜助(嘱託―日朝協会の役員を一時辞任)】二・二七共同コミュニケ調印。コミュニケ末尾に「双方はこの問題(在日朝鮮人の問題)解決が人道主義的両国赤十字団体の切実な関心事として残っていることを確認する」の確認あり。
3・15、4・10 朝赤、在日朝鮮人の帰国に関する申し入れを日赤へ。
4・11 日赤、韓国からの安導券(日本から北朝鮮に無事渡航するための韓国側の保証書)が得らないので無理と回答。
4・16 首都圏の北朝鮮帰国希望者四八名、日赤に要請行動、そのままテントをはって座り込む。この座り込みを、この頃極東訪問中の赤十字国際委員会訪問団が目撃し、資料を集めて帰国。
7月、  赤十字国際員会、日赤に書簡と覚書を送り、在日朝鮮帰還問題に乗り出す。
8・1  日本政府、赤十字国際委の提案の同意。
8・6  北朝鮮政府も赤十字国際委の提案に同意。ただし、韓国赤十字社は、北朝鮮への帰還は自由と権利を奪われ、奴隷の如く扱われる、人道の原則に反すると反対。

1957(昭32)

3・31 前記48名中28名、日本船で博多出発、4月4日清津着で帰国。
8・16 日赤、政府に強く働きかける(「一部在日朝鮮人帰国問題」)。三年半前の約束(一九五四年一月六日申し入れ)もあり、純人道上の問題として。
9・20 日本政府の日赤への回答(朝鮮政府の黙認が必要、その説得のため国際赤十字に期待する旨の)。
12・6 残る二〇名、門可発ノルウェー船ハイリー号で極密裏に上海経由で北朝鮮に帰国

1958(昭33)

6・18 大村収容所で北朝鮮帰国希望者の一部がハンストに入る。
7・3  衆院外務委員会、この問題で日赤の見解聴取。
8・11 神奈川県川崎市時日朝鮮人が、金日成首相あて帰国希望表明の手紙を出す。
9・16 北朝鮮政府、帰国希望者の受入れ表明。
10・19 日本社会党中央委員会、全党をあげて協力することを決定。
10・21 日本共産党アカハタ社説(主張)。「在日朝鮮人の帰国要求を全面的に支持する」
11・17 在日朝鮮人帰国協力会結成(会長鳩山一郎、幹事政党・労組代表、文化人一七名、幹事長帆足計)。以後名県に支部結成されていく。
11・23 日本共産党第三回中央委員会総会「在日朝鮮人の帰国を支持する決議」採択。「全党組織は各地においてできる限りこの運動を援助しなければならない」
12・30 北朝鮮側、派船の意思を表明(南日外相声明)。

1959(昭34)

1・20 日赤理事会で「純人道上の問題として早期解決を」決議。
2・13  北朝鮮帰還に関する閣議了解。
4・13〜6・24 両国赤十字、ジュネーブ会談。
8・11  赤十字国際委、帰還事業に関し日赤に協力する旨ほかコミュニケ発表。8・13のカルカッタにて、両国赤十字社、帰国協定調印。

1960(昭37)

1・29 テノール歌手、永田絃次郎(金永吉)日本人妻北川民子と4人の子供と共に北朝鮮帰国。
6・29 韓国赤十字社から日赤に抗議の書簡(自由と権利の剥奪、奴隷の待遇、人道の反する旨)。
12・11 浩平さん、日本人妻小池秀子さんを伴い北朝鮮帰国。

1966(昭41)

8・13帰国協定第七回更新。更新は今回限りとする条件つき。

1967(昭42)

4・21日赤、帰国協定は本年11月13日を以って終了する旨、朝赤に通告。
5・4〜5・8朝鮮労働党中央委員会第四期第十五回総会が開かれ、金日成の「唯一指導体系が確立」され、金日成の意にそわない幹部への大粛清始まる。帰国した在日朝鮮人にも波及し、迫害が加えられる。
5.15 朝赤、現行協定の無修正延長を提案。
5・19 社会党代表、日赤に申し入れ。
7・6 「在日朝鮮人の帰国と民族教育を守る連絡会義」(共産党、社会党、日朝貿易会 日朝協会、総評、日高教など)日赤、に要請。陳情運動激化。
8・25〜9・13モスクワ会談(両国赤十字)、不調打切り。依然、陳情運動続く(在日朝鮮人、日本人民主団体、労組、地方自治体議員など)。
11・13 帰国協定失効。11・27〜12・22コロンボ会談、不調打切り。帰還船アクーチャ号にて251人帰国(第155次船)。累計8万8611人帰国。

1968(昭43)

1・24コロンボ会談打切り後、主旨変えて陳情続く。
2・29新潟センタ―廃止。

1970(昭45)

12・5モスクワ会談で合意なる。「帰国未了者の帰還に関する暫定処置の合意書」「今後新たに帰還を希望する者の帰還方法に関する会談要請」

1971(昭46)

5・1410・22三年五ヵ月ぶりに暫定処置による帰還始まる。延べ1081人帰国。1971年12月より1976年までに「会談要録」に基づく自主帰還、延べ2896人帰国。

1977(昭52)

この年より1984年までに「会談要録」に基づく自由帰還、延べ590人帰国。累計9万3380人帰国。1984(昭59)年7月25日の第187次帰国船が現在の所最後の帰国船となっている。


訴訟支援ニュース:解説;北朝鮮帰国運動とは何でしょうか? 
└ 2009-07-12 11:03

北朝鮮帰国運動とは何でしょうか?

1959年から1984年まで、ここ日本から北朝鮮に向けて、93340人の在日朝鮮人(在日朝鮮人と結婚した日本人妻、夫並びに日本国籍所有者はそのうち6800人余りとなります)が「帰国」として旅立っていきました。これを北朝鮮帰国事業、もしくは帰還事業、そして在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)が推進した運動という側面からは帰国運動と呼ばれています。今年2009年12月14日は、この帰国運動によって第一次帰国船が新潟港を旅立ってからちょうど50年を迎えます。

当時朝鮮総連は、北朝鮮を「地上の楽園」「衣食住の心配がない福祉の充実した国」「無料で大学まで進学し学ぶことが出来る」と宣伝し、当時はその宣伝はマスコミ、有識者、地方自治体、日本赤十字なども殆ど否定しようとはしないばかりか、むしろ充分な調査も無く受け入れて総連の宣伝を事実上後押ししました。特に北朝鮮を訪問して礼賛した寺尾五郎の『38度線の北』は大きな影響を与えました。同時に、当時の在日朝鮮人には貧しく、また現在とは比べ物にならないほどの差別や制度上の壁があり、社会主義・共産主義体制への憧憬とあいまって、北朝鮮が希望と未来の象徴として輝いた面もありました。吉永小百合のデビュー作としても名高い映画「キューポラのある街」には、その時代の空気が善く描かれています。

日本政府並びに赤十字は、「居住地選択の自由」という人権・人道上の観点から(世界人権宣言第13条。国際赤十字の勧告を受け)、国交のない国北朝鮮への帰国を認めました。しかし、一方では日本政府の側も、反体制志向・社会主義志向が強かった在日朝鮮人運動家、及び生活保護所帯が多かった(1958年10月時点で8万1千人、在日朝鮮人全体の13.3%)在日朝鮮人家族をもてあましていた面も否定できません。
また、日本人妻に対しては、朝鮮半島に行くことを躊躇う場合、「3年後には里帰りができる」という虚偽の宣伝までされていたという証言があります。勿論、そのような里帰りは、現在に至るまでごく一部の例外以外は実現していません。

 北朝鮮政府は、日本という自由主義国から社会主義国に大量の移住が行われることは、自分たちの体制が優れているという宣伝のためにも、また朝鮮戦争(1950〜53)によって不足した労働力確保のためにも良いことでした。
韓国政府はこれに対し、帰国運動を、北朝鮮政府による「北送事業」と批判、在日韓国民団も激しい抗議運動を行いました。実は在日朝鮮人の9割は韓国出身であり、その意味でも韓国に行くほうが自然な「帰国」と言えたのですが、当時韓国は戦争の被害からまだ立ち直れず、在日朝鮮人を積極的に受け入れるのは困難でした。また、軍事・反共政権と見られていた当時の韓国政府は日本国内では北朝鮮に比べ評価が低かったのです。

 このように、朝鮮総連の宣伝、それに追従した日本マスコミ、文化人、そして社会主義・共産主義への憧れ、在日朝鮮人のおかれていた苦しい環境、 当時は未来に向って輝くように見えた北朝鮮と、軍事独裁と見なされていた韓国のイメージなど、様々な要因が作用して、9万3千人余りの人びとが、自由主義の国から社会主義の国に大移動する、人類史上おそらく最初で最後の「帰国運動」が生じたのでした。

 帰国者たちは、朝鮮総連の宣伝が嘘と誇張に満ちていた事は、北朝鮮到着後すぐにわかりました。帰国船は北朝鮮の清津港に到着しましたが、その段階で、当時の日本よりも遥かに貧しい環境にあったこと、住居場所や職業を選択する自由もなく、北朝鮮政府の指示のままに各地方に向わされ、強制的に仕事に着かされました。言論の自由もなく、政府への不満を漏らした帰国者の多くが逮捕され、政治犯収容所などに送り込まれた事が、多くの脱北者の証言で明らかになっています。

 帰国者たちは貧しく乏しい生活に苦しみ、仕送りを送ってくれるよう日本に残った親族達に手紙を出し続けました。帰国運動は、事実上1959年から1962年までにピークを迎え、その後帰国者は目に見えて減っていきますが、これは帰国者たちが、検閲をはばかりながら様々な形で日本の家族にメッセージを送り、総連の宣伝は嘘であるから決してこれ以上北朝鮮には来ないように訴え続けてきたことによります。

 特に厳しい運命にさらされたのは日本人配偶者達(日本人妻、夫)でした。当時は在日朝鮮人と結婚するだけで家族から絶縁されることもあり、また貧しい家庭が多かった日本人妻、夫の家族は、北朝鮮に送金する力もない家が多かったのです。日本人妻の中には、飢餓や病気で力尽きて亡くなる前に、自分のなきがらは、せめて日本に向けて埋めて欲しいと言い残して世を去った方々も多くおられます。しかし、残念なことながら、最近になるまで、帰国者、日本人配偶者の悲劇は広く国民に知られる事はありませんでした。

 私達北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会が結成されたのは1994年のことでした。それは、在日朝鮮人の方々が、自分たちの帰国者親族が、収容所で殺され、酷い飢餓に苦しんでいることを証言する覚悟を決め、それに日本市民も連帯して、帰国者の人権改善や、収容所を頂点とする北朝鮮の人権改善を訴えることを決意したからでした。

 そして、90年代の北朝鮮飢餓により、多くの脱北者が中国に現れました。その中には北朝鮮帰国者や、その子孫達も含まれていました。様々な民間団体や日本政府の協力を受け、現在まで、この「脱北帰国者」とその家族達、約百数十名が今日本に定住しています。しかし、かの北朝鮮の地では、今も尚この日本を故郷と思い、亡くなる前に一度でもこの土地を踏みたいと切望する帰国者、日本人配偶者が、高齢の為脱北する力もなく、飢餓と抑圧に苦しんでいるのです。この「帰国運動」は過去の出来事ではありません。現在も未解決の人権人道問題なのです。そのことを是非ご理解いただきたいと思います。


訴訟支援ニュース:裁判ニュース第三号、掲載しました。 
└ 2009-05-31 17:29

裁判ニュースの第三号を掲載しました。

http://hrnk.trycomp.net/saibannews.php

saibannews03.pdfをダウンロード

訴訟支援ニュース:第4回公判 
└ 2009-02-10 15:48

第4回公判が去る2月2日午後1時15分から、東京地方裁判所で行われました。
総連側は引き伸ばし戦術。原告高政美さんが母親と共に帰国した1963年当時の北朝鮮の民法が入手できない、朝鮮大学に問い合わせ中である、3月中旬までかかると述べ、裁判長から、3月27日までに文書にして出すよう命じられ、総連側もそれで了承しました。

これによって、次回公判は3月30日(月)午後1時15分に決定。場所は大坂地方裁判所1009号室となります。

原告側の藤森弁護士は、日本の法律を適用するのが望ましいと根拠を挙げて説明、北朝鮮法か、韓国法か、どの国の法律を適用するかで長引かせず早く審理に入るよう促しました。

守る会からの傍聴者は約170名。遠く新潟や名古屋からも会員が駆けつけました。

「裁判ニュース」第一号より


訴訟支援ニュース:次回は9月30日 
└ 2008-07-30 18:14

第一回公判は予定通り7月29日午後1時15分に行われましたが、総連側は弁護士すらも出席せず、守る会側も、総連側の答弁書への反論は完全なものを8月10日に提出する事を報告したのみで、特に目立った議論や進展はなく終わりました。次回公判は9月30日を予定しています。守る会からの反論文が完成次第、当ホームページでニュースとして紹介する予定です(三浦)




■訴訟を伝える新聞記事

帰還事業めぐり脱北者女性が朝鮮総連を提訴 大阪地裁

 北朝鮮への帰還事業で同国に渡った後、苦痛を受けたのは「地上の楽園」とうたって事業を支援した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の責任だとして、脱北者の女性が13日、朝鮮総連に慰謝料など約1100万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。
 訴えたのは大阪府八尾市に住む韓国籍の高政美(コ・ジョンミ)さん(47)。
 訴状によると、大阪市出身の高さん一家は1963年、「北朝鮮へ行けば心配なく生活できる」などとする朝鮮総連の宣伝を信じて帰還事業に応じ、在日朝鮮人の母親ら7人で北朝鮮へ渡った。しかし、母は早朝から夜遅くまで建設用の石集めなど過酷な労働を強いられ、養父はスパイ疑惑をかけられて拷問された。高さん自身も学校で「チョッパリ(日本人の蔑称(べっしょう))」と呼ばれ、服を脱がされるなどのいじめを受けた。
 結婚後の95年には、餓死した人の遺体処理に従事させられた。翌年、金を貸した男性が外貨稼ぎで問題を起こして連帯責任を負わされた後、2人の子どもとともに00年、脱北を試みて失敗し、強制収容施設で殴るけるの拷問を受けた。03年に中国経由で脱北に成功し、05年7月に日本に戻った。
 高さんは提訴後に記者会見し、「朝鮮総連は大うそをついてだまし、組織的な誘拐をした。責任をとるべきだ」と泣きながら訴えた。
 帰還事業をめぐっては、62年に脱北した韓国在住の男性が01年6月、朝鮮総連に損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。しかし、同地裁は民法上の債権を請求できる権利は時効(10年)で消滅したとして請求を棄却し、最高裁で確定した。今回の提訴で高さん側は、05年3月に中国にある日本の在外公館で保護された時点から起算して請求できると主張している。
 提訴後、朝鮮総連は「同じような訴えを棄却した判例がすでにある。今回の訴えは同胞社会と日朝関係に害を与える以外のなにものでもない」とのコメントを出した。 朝日新聞6/13

 

「帰還事業は組織的な誘拐」 朝鮮総連提訴の女性

 大阪市出身の在日朝鮮人二世で、北朝鮮へ渡った後、脱北した高政美(コ・ジョンミ)(通名・千葉優美子)さん(47)=大阪府=が十三日、帰還事業をめぐり、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に慰謝料などの支払いを求めて提訴後、大阪市内で記者会見した。北朝鮮での苦しい生活を涙ながらに証言し、今も自由を奪われて暮らす帰還者や日本人妻の救出を訴えた。

 高さんは一九六三年、家族に連れられて北朝鮮へ。だが、「日本帰り」を理由に迫害され、学校で服を脱がされるいじめに遭った。朝鮮総連は「地上の楽園」と宣伝したが、兄は政治犯収容所で命を奪われ、母は過酷な労働を強いられた。今は亡き両親は「許せない」と悔しがったという。

 高さんは二〇〇三年に脱北し、〇五年三月に日本に戻った。現在は韓国籍。会見では「大うそで人々をだまし、組織的に誘拐した」と総連を批判し「(帰還者らは)恐ろしい毎日を必死に生きている。助けるのが一番の望みです」と述べた。

 在日朝鮮人の帰還事業は一九五九年、日朝の両赤十字が共同で開始。兵庫県からの約七千人を含む約九万三千人が海を渡った。(高田康夫)神戸新聞6/14

 

「『地上の楽園』は虚偽宣伝」 脱北女性が朝鮮総連を提訴 大阪

 「地上の楽園」などと虚偽の宣伝がなされた帰還事業で北朝鮮に渡り、強制収容所などで肉体的、精神的苦痛を受けたとして、脱北した大阪府在住で韓国籍の千葉優美子さん(47)=韓国名・高政美=が13日、帰還事業を支援した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を相手取り、慰謝料など約1100万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。国内在住の脱北者が帰還事業をめぐって提訴するのは初めて。

 脱北者を支援する「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」(三浦小太郎代表)によると、国内在住の脱北者は約170人。今後も同様の訴訟を検討しているという。

 訴状によると、千葉さんは3歳だった昭和38(1963)年、両親とともに帰還事業で北朝鮮に渡り、政治的な理由で父や兄が強制収容所に入れられた。千葉さん自身も8年前に脱北を試みて失敗、収容所で拷問を受けた。2度目の脱北で成功し、平成17年7月に日本に入国した。

 千葉さんは「朝鮮総連は北朝鮮を『地上の楽園』と称し、実情を秘して在日朝鮮人を誤信させた」と主張。帰還事業は在日朝鮮人を労働者や人質として利用するためのもので、「囚人や奴隷と変わらない生活を強いられた。脱北失敗後は殴るけるなどの激しい拷問を受けた」としている。

 帰還事業をめぐっては平成13年、韓国在住の男性が朝鮮総連に損害賠償を求める同様の訴訟を東京地裁に起こしたが、脱北から約40年が経過していたため「損害賠償請求権が時効で消滅している」として棄却、敗訴が確定している。

 賠償請求権は損害や加害者を知った時点から3年間行使しないと消滅するが、千葉さんの代理人の弁護士は「千葉さんは日本入国後3年が経過しておらず、時効にはあたらない」としている。

 朝鮮総連の話「同じような訴えを棄却した判例が既にある。今回の訴えは同胞社会と日朝関係に害を与える以外のなにものでもない」

産経新聞大阪6/13

 

「騙して誘拐した」 朝鮮総連提訴の女性 涙の訴え

 多くの在日朝鮮人らが北朝鮮に渡った帰還事業の開始からまもなく半世紀。大々的に宣伝された「地上の楽園」とかけ離れた生活を強いられた脱北者の千葉優美子さん(47)が13日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)への提訴に踏み切った。帰還者の中にはいまだ安否すら判明していない人が多い。支援者は「訴訟を機に救出活動の関心を高めたい」としている。

 千葉さんは提訴後、大阪市内で記者会見。朝鮮総連について「人をだまし、組織的に誘拐した。人権と自由を無差別に奪った悪魔みたいな団体だ」とたどたどしい日本語で批判。「私1人の問題ではない。今も強制収容所の中で必死で生き延びようとしている人がいる」と涙ながらに訴えた。

 千葉さんは昭和38(1963)年10月、両親ら家族7人で新潟県から北朝鮮に向けて出航。「何の心配もなく生活できる」と朝鮮総連構成員に説得され、両親が帰国を決断したという。

 船が北朝鮮の清津に着いたとき、10代半ばだった兄は、人々のやせ細った体つきやみすぼらしい服装、老朽化した建物などを見て落胆し、「日本へ戻りたい」と訴えた。このため北朝鮮当局に連行された後、強制収容所に送られ、1971年に死亡。父もスパイの疑いで収容所送りとなり、拷問を受けたという。

 千葉さんも96年、外貨稼ぎをめぐって処罰された帰還者の知人男性に金を貸していたとして責任を問われ、山中に追放を命じられた。「もううんざりだ」。すでに結婚して長男と長女の子供2人がいたが、脱北を決意し2000年11月、子供らと中国側に脱北。しかし、03年に強制送還され、収容所に入れられた。約5カ月間ろくに食事を与えられず、殴るけるの激しい拷問が続いた。

  「地上の楽園」どころか生き地獄のような日々。「死んでも北朝鮮から脱出する」と決心し、一時的に釈放されていた03年11月、長男と一緒に脱北、中国に残っていた長女とも合流して日本に入国した。

 日本に住む脱北者の中には親族らを北朝鮮に残してきた人が多い。千葉さんの家族もまだ北朝鮮にいる。今回の提訴で実名を公表したことで、さらに迫害を受ける可能性もある。脱北者を支援する「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の山田文明副代表(大阪経済大准教授)は「帰還者救出は停滞している。この状況を打破するため、千葉さんは相当の覚悟で提訴に踏み切った」と話した。産経新聞6/13

 

朝鮮総連:大阪の脱北女性が損賠提訴「帰国事業で苦痛」

 帰国事業で北朝鮮に渡った後、強制収容所に収容されるなどして肉体的・精神的に苦痛を受けたとして、日本に脱出した大阪府の女性が13日、事業を支援した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に1100万円の賠償を求め大阪地裁に提訴した。日本在住の脱北者による提訴は初めて。

 訴状によると、女性は大阪市生野区出身の在日朝鮮人2世、高政美さん(47)。両親は韓国・済州島出身。62年に父親が死亡し、母親が総連関係者から「北朝鮮に行けば心配なく生活できる」と説得され、3歳だった63年に母親と兄、弟らと北朝鮮へ渡った。

 日本に戻ることを望んだ兄は強制収容所に入れられ死亡。さらに高さんは外貨稼ぎで処罰された知人の連帯責任を理不尽に負わされ、00年に子どもと中国へ脱出したが強制送還され、強制収容所で拷問を受けた。03年の脱北は成功し、日本に戻った。訴状で「北朝鮮が『地上の楽園』と宣伝し、帰国事業を積極的に推進したのに、生活実態の説明義務を怠った」と主張している

 帰国事業を巡っては、01年6月にも元在日朝鮮人の男性=韓国在住=が「北朝鮮で強制就労させられた」として朝鮮総連に賠償を求める訴訟を起こした。東京地裁は「既に民法上の時効が成立している」として請求を棄却、上訴したが最高裁で敗訴が確定した。【川辺康広】毎日新聞6/13

 

朝鮮総連:大阪の脱北女性が損賠提訴「帰国事業で苦痛」

 帰国事業で北朝鮮に渡った後、強制収容所に収容されるなどして肉体的・精神的に苦痛を受けたとして、日本に脱出した大阪府の女性が13日、事業を支援した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に1100万円の賠償を求め大阪地裁に提訴した。日本在住の脱北者による提訴は初めて。

 訴状によると、女性は大阪市生野区出身の在日朝鮮人2世、高政美さん(47)。両親は韓国・済州島出身。62年に父親が死亡し、母親が総連関係者から「北朝鮮に行けば心配なく生活できる」と説得され、3歳だった63年に母親と兄、弟らと北朝鮮へ渡った。

 日本に戻ることを望んだ兄は強制収容所に入れられ死亡。さらに高さんは外貨稼ぎで処罰された知人の連帯責任を理不尽に負わされ、00年に子どもと中国へ脱出したが強制送還され、強制収容所で拷問を受けた。03年の脱北は成功し、日本に戻った。訴状で「北朝鮮が『地上の楽園』と宣伝し、帰国事業を積極的に推進したのに、生活実態の説明義務を怠った」と主張している

 帰国事業を巡っては、01年6月にも元在日朝鮮人の男性=韓国在住=が「北朝鮮で強制就労させられた」として朝鮮総連に賠償を求める訴訟を起こした。東京地裁は「既に民法上の時効が成立している」として請求を棄却、上訴したが最高裁で敗訴が確定した。【川辺康広】毎日新聞6/13

 

「朝鮮総連は悪魔」「収容所は人間の動物園」…脱北女性会見詳報

 「地上の楽園」と偽りの宣伝にだまされて北朝鮮に渡り、肉体的、精神的苦痛を受けた脱北者、千葉優美子さん(47)。13日に帰還事業を支援した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に損害賠償を求めて提訴した千葉さんと代理人の藤森克美弁護士による、大阪司法記者クラブで行われた会見のやり取りを詳報する。

 −−提訴に踏み切った思いは

 千葉さん「日本に戻って約3年になりますが、家族や私の命を助けてくれたことに感謝しています。北朝鮮にいるときは、両親に北朝鮮のことを聞き、どうなってしまうのかといつもおびえ、朝鮮総連が許せないという思いでした。自分たちも人間なのに、人をだまして連れてきて組織的に誘拐したのではないかと。その責任はどうやってとってくれるのか、毎日考えていました。こうして訴えられるようになるまで何十年もかかった。もう半世紀近くたっているが、収容所にいるときも本当に恐しくて、あしたは生きていられるかといつも不安で毎日必死で生きております」

 「私1人の問題ではなく、今も収容所の中で必死で生き延びようとしている人がいる。すでに北朝鮮で亡くなっている人もいますが、天国から見守っていてほしいです。朝鮮総連は人権と自由を無差別に奪った悪魔みたいな団体。だからこそこんな大きな問題になった。日本語がよくできなくて…。みなさまのご理解よろしくお願いします」

 《ゆっくりとした口調で話す千葉さん。日本語はたどたどしい》

 −−提訴したことで、今もまだ北朝鮮に残っている人にどういう影響があればいいと思いますか

 千葉さん「この裁判をきっかけにして、まず本質的に正しい裁判所の判断をいただいて、まだ北朝鮮に残っている日本人を救うことができるようになるのが願いです」

 −−正しい判断をもらって北朝鮮という国も含め、北朝鮮に残された人も助かればということですか

 千葉さん「はい、そうです」

 −−朝鮮総連が被告ということですが、帰還事業は日朝の赤十字社の合意があってなされた経緯があり、被告を朝鮮総連に絞っているのは

 藤森弁護士「本当は北朝鮮政府も被告にしたいところですが、国交がない。難しい問題です。今後、国交正常化でも図られるようなことがあれば検討してみたい」

 −−日本政府と赤十字社も連帯責任も考えられると思いますが

 藤森弁護士「それは現時点では無理だと考えています」

 −−それは何かひっかかることがあるということか

 藤森弁護士「赤十字社は当時帰還する在日朝鮮人の方から何度も了解を確認しているんです。私たちはそもそもだました大本はどこかということを重視している。赤十字社や日本政府が個々の人をだましたかというとそうは考えていません」

 −−この裁判を通じて、赤十字社も政府も自分たちが当時取った行動などを正しかったのか検証してもらえたらと思いますか

 藤森弁護士「そうですね。ジャーナリストの方々にもぜひ取り上げていただいて」

 −−当時はマスコミも「地上の楽園」を報道してそれで信用した人もいますが

 藤森弁護士「それも赤十字社や政府と同じですね。だました根源ではないと」

 −−現在家族の安否は

 千葉さん「兄弟や親戚(しんせき)がまだ北朝鮮に残っています。両親はもう亡くなっています」

 藤森弁護士「千葉さんの夫はどうしたという質問もよく受けますが、千葉さんそれも答えてくれますか」

 千葉さん「夫も日本から帰還した人です。朝鮮語が全然できずに苦労しました。医師をしていましたが、患者に自分の血をたくさん献血して、その影響で病気になって1986年に死にました」

 −−北朝鮮に家族を残したままで、今回実名で提訴した心境は、心配だけれども身をもって訴えるということですか

 千葉さん「そのとおりです」

 −−北朝鮮でどういう生活をしていたか

 千葉さん「本当に言葉にできないくらいですけど、1971年ごろ、日本から来た人はとてもいじめられて…。学校に行ったらたくさん生徒が集まって髪の毛をひっぱられたり、服を破られたりしたときは、日が暮れるまで待ってパンツ1枚だけで家に帰ったこともあった。先生にも言ったけど日本の服を着てくるからそうなるんだといわれた。母に話しても仕方がないと泣くばかりで」

 《千葉さんはあふれる涙をハンカチでぬぐいながら続けた》

 千葉さん「万景峰号という船で北朝鮮に渡ってから私たちの人権はなくなっていました。兄は(1963年に)船が着いたときに『日本に帰りたい』と行っただけで(北朝鮮当局に)連れて行かれた。兄のいる収容所に行ったときは人間の動物園のようだった。私たちに罪はないのに北朝鮮に行っただけでなぜこんな目にあわなければならないのか。毎日毎日泣きながら過ごしました。私は、だました朝鮮総連を許すことができません。みなさんの力を貸してください」

 帰国事業を巡っては、01年6月にも元在日朝鮮人の男性=韓国在住=が「北朝鮮で強制就労させられた」として朝鮮総連に賠償を求める訴訟を起こした。東京地裁は「既に民法上の時効が成立している」として請求を棄却、上訴したが最高裁で敗訴が確定した。【川辺康広】産経新聞6/13

 

 

 

 

HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.