twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


NEWS :2月15日、総連前抗議行動報告 
└ 2010-02-16 09:33

昨日15日、総連前にて、午後5時半から6時まで抗議行動を行ってきました。
中々寒かったが(笑)私、調査会の荒木さん、救う会神奈川の川添さん、守る会の依藤さん、ノーフェンスの宋さんの5名で、それぞれ、拉致も人権問題も明らかになった今、金正日の誕生日を祝うなどという行為がいかに馬鹿げたことかを訴えてきました。

昨日の抗議行動で中々良かったのは、いつもはかたく閉められている総連中央本部の扉が、祝賀会のために開いており、一人一人入っていく人たちに声をとどける事が出来たこと。特に宋さん、荒木さんがハングルで訴えた時には、多少こちらに耳を傾けているような様子も見られました。

私は映画「クロッシング」のポスターを持って参加、この映画を総連の人こそ見るべきだ、と訴えた後、皆さんが帰国者家族を人質にとられて何も出来ないというのなら、せめて、今日の祝賀会にメッセージを送ったり参加したりした日本国の政治家の名前を外に漏らしてください、彼らは貴方達より遥かに卑怯な人間達です、自国民をさらわれていながらこのような祝賀会に出るのですから、という意味のことを訴えました。

それと印象的だったのは、会館に入る総連関係者と思しき人たちが、ほとんど高齢で、何か雨の中力なくうつむき加減で歩いていたこと。これは宋さんが訴えていた内容ですが、彼らこそ、私以上に、北朝鮮の実状をよく知っているはずですし、家族に必死で仕送りをしてきたと思います。ある意味では信じてきた祖国に裏切られた人たちです。難しいことかもしれませんが、彼らこそ、金正日体制に対し、私以上に怒りをぶつけて欲しいと思いました。

また昨日は、外国人特派員協会にて、荒木、砂川、加藤健各氏が記者会見をおこないました。以下、その報道記事です。

キム・ジョンイル総書記の誕生日を前に、特定失踪者問題調査会の荒木和博代表らが外国特派員協会で会見し、拉致被害者救出を訴える短波放送やビラ風船など、北朝鮮に向け外部から情報を送る活動の重要性を訴えました。

 「今、拉致されている人の誰がどこにいるのかというのは、何人かについては『(北朝鮮内の)ここにいるのではないか』という情報もあります」「(Q.拉致問題解決のためには時間がないが?)今、金正日体制が非常に揺らいでいる時が絶好のチャンスだと思っています」(特定失踪者問題調査会 荒木和博代表)

 荒木代表や元外務省職員の砂川昌順さん、人権活動家の加藤健さんらは外国メディアの前で会見。

 最近は、北朝鮮国民の間で人気の韓国ドラマが中国側で大容量USBメモリーに録画され、北朝鮮国内に出回っていると述べ、「短波放送やビラ風船などで外部の世界の情報を北朝鮮国内に入れていくことが、拉致被害者救出には最も効果的だ」と訴えました。(15日19:21)

http://news.tbs.co.jp/20100215/newseye/tbs_newseye4357102.html






HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.