twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


NEWS :日本に暮らす脱北者200人、身元明かせず孤独募らせる(石丸次郎氏記事) 
└ 2015-12-16 09:18

日本にいわゆる脱北者が200人ほど居住していることをご存知だろうか?東京に約150人、大阪に約50人がひっそりと暮らしている。

主に1960年代に帰還事業で北朝鮮に渡った在日朝鮮人とその日本人妻、現地生まれの子供たちが日本に戻ってきているのだ。

59年から始まった帰還事業では、9万3000人余りの在日朝鮮人が北朝鮮に渡った(日本国籍者約7000人を含む)。

当時、在日朝鮮人は国民健康保険にも年金にも加入できず、差別でまともな職もなく、多くが貧困に喘いでいた。金日成政権と朝鮮総連は、発展する社会主義祖国建設に参加するよう帰国を呼び掛けた。

日本社会では「朝鮮人が祖国に帰る人道事業」と位置づけられて自民党から共産党までの政党、多くの労組、自治体、文化人が帰国事業を支持、応援した。だが、多くの帰国者たちは、北朝鮮で新たな貧困と迫害にさらされることになる。

「私が『向こう』から来たことは秘密にしてくださいね」10代で日本の親戚を頼って脱北したリョンスさんは、私に会う度に釘を刺す。

北朝鮮北部に生まれた帰国者三世。今は大阪市内で衣料品販売の仕事をしている。もう日本生活が10年近くなるのに北朝鮮から来たことを隠して暮らす。

「北朝鮮の評判があまりに悪いので、ばれると白い目で見られるのではないかと怖い」という。

大阪南部の港町生まれのスンジャさんは、10代で両親と共に北朝鮮に渡った。数年前に政治問題に巻き込まれ、脱北して生まれ故郷の大阪に行くことを決心した。

昨年夏、乞われて彼女が生まれ育った町を一緒に周った。かつて住んでいた長屋は取り壊され、よく泳いだ海は護岸ブロックに覆われて、浜の面影は消えていた。

「でも一番変わったのは日本人の心やない?皆忙しくて、情がなくなったわ」

と嘆く。スンジャさんは今年60代になった。支援者以外に知り合いも少なく、寂しい日々を送る。

韓国入りした脱北者は累計約3万人。政府から手厚い定着支援を受ける。日本には支援制度がなく、言葉、仕事、進学、子育てなど、様々な壁にぶつかるが、ボランティアの助けが頼りだ。

北朝鮮に帰国した人は、在日朝鮮人人口の実に6.5人に一人に及んだ。在日組織と日本社会がこぞって背中を押して帰国船に乗せたのであるから、在日コリアンと日本人が協力して支える仕組みが作れないものだろうか。

今年初め、大阪東部のある病院で、若い脱北者夫婦の間に男の子が誕生した。植民地時代に曾祖父母が朝鮮から渡日してから四代目。一族の流浪はまだ終わっていない。日本は、この男の子の安住の地になるだろうか?

彼が時代と政治に翻弄されることなく、穏やかな生を送らんことを願う。(文中仮名)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ishimarujiro/20151214-00052436/

石丸次郎氏の記事です。

先日、知人の脱北者女性(10代で親に連れられて北朝鮮に渡りました)と、ある仕事で九州に行き、その人の夫の生まれ故郷を尋ねました。当時は炭鉱で、夫はそこで働いていたのですが、今はもう跡形もなく、彼女は近くのお寺を訪ねて、夫の代わりにお参りをしてきたそうです。そのお寺は古くからあるお寺で、たぶん、夫も、夫の両親も、このお寺を訪れただろうと思うと、感無量の思いがしたと言っていました。夫は北朝鮮で亡くなりました。

現在まで、日本に来てから再び北朝鮮に戻った人が3人います。何であんな国に再び行くのかと思いましたが、日本に来てからもいろいろな矛盾や問題が生じていることも事実。この3人に関してはいずれも女性で、正直、子どもたちをすべて北に残していました。そのような状態で一人生きていくのはつらいものがあったのかもしれません。

シリアやヨーロッパの難民ニュースは確かに深刻で、私たちが今後中東の問題にもっと関心を持つべきことを教えてくれました。しかし、難民問題は、アジアにおいてはまず日本にとって北朝鮮帰国者という問題においてあらわれるはずです。200数十人の現在、政府も民間も何らかの対策を講じておく必要があるはずなのですが、今のところ目立った動きは起きていません(三浦)






HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.