twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


NEWS :朝鮮大学校、在校生が激減…最盛期の4割に 大学を認可した美濃部都知事は、1971年、金日成との対談でよど号問題に触れていた 
└ 2016-04-10 10:04

朝鮮大学校、在校生が激減…最盛期の4割に 
総連陰り就職厳しく 北の兵器開発は学校ぐるみで支援

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の影響下にある朝鮮大学校(東京都小平市)在校生が最盛期の4割にあたる約600人に激減したことが9日、分かった。朝鮮総連関係者が明らかにした。核開発を主導した金正日総書記、金正恩第1書記父子を絶対視した偏向教育への反発が進む一方、卒業生や教授の一部は北朝鮮の兵器開発を後押しする朝鮮総連傘下の在日本朝鮮人科学技術協会(科協)に所属していることも判明。10日に入学式とともに、創立60周年の節目を迎える同大は組織強化を図る構えで、政府が動向監視を強めている。

 関係者によると、昭和31年に開校した朝鮮大学校は民族教育の最高学府と位置づけられ、朝鮮総連幹部職員や朝鮮学校教員を養成。当初、60人余りでスタートした在校生は平成に入ると1500人台まで増えた。

 ところが、核・ミサイルによる軍事的挑発を繰り返す北朝鮮への盲従を強いたり、総連の弱体化で傘下組織への就職が困難になったりしたことから受験生が激減。平成27年度の定員は1220人だったが、実際は約600人しか集まらなかった。教職員数も減少の一途をたどり、財政難が影響して平均月給は約10万円にまで減っている。

 一方、科協の現・元幹部の多くは同大理工学部出身者で占められ、一部の現職教授も所属するなど大学ぐるみで支援。加えて、同大は在校生に対し、金一族への忠誠を誓う団体「在日本朝鮮青年同盟」への加入を義務づけて思想も厳しくチェックしている。16日に金日成主席の誕生日祝賀行事を行うほか、国際シンポジウムなど60周年記念行事を相次ぎ開催する予定で、思想教育を通じた締め付けを強化している。

 これに対し政府は2月、核実験と弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮への制裁として、科協に在籍歴のある元同大男性教員の訪朝後の再入国を原則禁止にして警戒を強化している。さらに警視庁公安部は同月、経営学部の元副学部長を詐欺容疑で逮捕。同副学部長は、北朝鮮の指示で韓国での工作を主導した疑いがあり、同大のスパイ活動の拠点化が懸念されている。東京地検は起訴猶予とした。

同大と朝鮮総連は産経新聞の取材に対し「内部事情は話せない」などとしている。
        

 朝鮮大学校 昭和31年に創設され、34年に現在の東京都小平市に移転。政治経済、文学歴史、理工など8学部や研究所を備える。文部科学省所管の大学ではなく東京都が認可する各種学校。張炳泰(チャン・ビョンテ)学長は、北朝鮮の国会議員にあたる最高人民会議代議員も兼ねる。
http://www.sankei.com/politics/news/160410/plt1604100008-n3.html

この大学校が、東京都により認可されたのは1968年、美濃部都知事の時代。
1971年に美濃部氏は平壌を訪問、今読むときの遠くなるような対談を金日成としています。これは当時、雑誌「世界」に掲載されました。一部紹介しておきます。よど号について触れている部分です。

金首相 美濃部先生は、総聯の活動にいろいろと協力してくださっているようですが、今後ともいっそうのご協力をお願いします。

美濃部 できるだけのことはしたいと考えております。

金首相 われわれは韓徳銖議長に総聯が日本の法律に触れるようなことは絶対にしないようにといっております。それに、朝鮮人だけが団結するのではなく、日本人民ともよく団結しなければならないと強調しています。総聯の重要な活動は、祖国統一のための活動であり、在日同胞が朝鮮民主主義人民共和国を支持するようにすることです。それとともに、民族権利を擁護するための活動、とくに子弟の教育活動をりっぱに行なうことが重要です。美濃部先生は、朝鮮大学校の認可問題でわが国に広く知られています。先生は、今後とも、総聯の活動に協力してくださるものと信じます。もちろん、総聯自身が法に違反したなどというぬれ衣を着せられないように注意しなければなりませんが、あなたがたのような日本の進歩的な人たちがよく協力してくださればと思います。

美濃部 できるかぎりの支援を惜しまないつもりです。ところで、さいきん憂慮されるのは右翼学生らが総聯系の学校の学生に暴行を加えるという事件がひんぱんにおこっていることです。東京では近ごろこうした事件が少し減っていますが、大阪ではしばしば起こっているようです。

金首相 民族教育問題は重要な問題です。民族を形成する上で言語と文字は基本をなします。われわれは、韓徳銖議長と金炳植副議長が、つぎの世代に民族語を忘れないよう教育する事業を立派におこなっていると思います。この事業のため日本にいる同胞、とくに商工人たちが少なからぬおかねをだしています。

美濃部 よいことですね。

金首相 われわれは、美濃部先生の中国訪問問題を中国側に提起したのですが、すぐ返事がこなかったものですから、大使館を通じてちょっとあたってみました。すると、周恩来総理は、総聯の意見を尊重するといいながら、すでに東京に招請電報を送ったと知らせて来ました。われわれは、このことを大変うれしく思います。

美濃部 お力ぞえを下さいましてありがとうございます。

金首相 美濃部先生は、わが国の人民に非常にすぐれた人物として知られています。このたび、先生が反動どもの策動をはねのけ、わが国を先に訪問し、ついで中国を訪問するようになったことを、われわれは非常にうれしく思います。

金首相 わたしは、この招待所に一年あまり来られなかったのだが、(壁にかかっている万景(マンギョン)台(デ)の風景画を指差しながら)あの絵はいいですよ。なかなかいい絵ですよ。

美濃部 あの絵をはずせば映画がみられるようにできています。昨夜、ここで『新しい朝鮮』という映画をみました。ところで、この建物はいつ建てられたものですか?

金首相 十五年ほどになります。一九五五年か五六年に建てました。成員の数が少ない代表団は、ここに多くとまっていました。いままで、スカルノ、シアヌーク、モディブ・ケイタ、コスイギン、周恩来など、多くの人がとまっていました。日本から飛行機にのって直接わが国にきたのはスカルノだけです。

美濃部 そのほかにもう一つあるのではありませんか。(笑)

金首相 それは、まっすぐにきたのではなく、ソウルを経てきました。あの事件当時、あなたがたも複雑だったでしょうが、われわれにとっても予想もしなかったことが起こりました。思ってもいなかった人たちがきたのに、日本の外務省からは送り返してほしいといってきました。われわれに、日本の警察の役割をはたしてほしいといってきたので、われわれは、それを認めることはできませんでした。直接きたのなら別ですが、途中で日本の飛行場に降りた時もどうすることもできなかったものを、われわれに捕えてほしいといいました。それは、無理な要求です。自国の警察でさえつかまえることができず、また、ソウルに降りた時にも、その飛行機がそこへ行くことがあらかじめ通報されていたにもかかわらず、どうすることもできなかったのに、われわれにたいして捕えてほしいといってきました。

その学生たちは、われわれにとってなんの必要もない人たちです。かれらがわれわれになんの必要があるでしょうか。なんの必要もありません。しかし、われわれは人道主義の立場から、かれらを送り帰すことはできませんでした。送り帰せば、かれらは日本の警察に逮捕され、監獄生活を送るようになります。かれらのうち二人が少しよくないだけで、そのほかは、みなすなおな者たちです。将来、両国間の関係が正常化されれば、かれらも日本に帰るでしょう。われわれは、かれらに君たちを逮捕しないという保障をとりつけてから、送り帰してあげるといいました。かれらの家族からわたしあてに手紙も送ってきますが、なかには、わたしがみる暇がないため、書記がそれをみて学生たちに送る場合もあります。

かれらは、軍事訓練をさせてほしいといいましたが、われわれは、そんなことはさせないといいました。朝鮮民主主義人民共和国をまもるのには朝鮮人だけで十分だから、かれら九名の手を借りるまでもありません。もしも、かれらがわれわれの銃を見たいというのなら、見せてはあげようといいました。われわれは、かれらが要求する本はみな与えており、ラジオも自由に聞くようにさせています。東京の放送もみな聞けます。
われわれにとっても、かれらの将来の問題が心配の種です。

美濃部 みなさん方には大変ご迷惑をかける問題です。

金首相 われわれがかれらを送り帰せば、日本で裁判にかけられるだろうし、そうかといって、こちらにいつまでもおいておいても、なんになりますか?すでに二年あまりの期間がすぎました。かれらが年をとれば、家族のこともいっそう心配になるでしょう。

美濃部 『よど』号事件に際してキム・イルソン首相がとられた措置は、大変適切で、しかも人道主義的な措置でした。ですから、日本国民の大部分は、キム・イルソン首相に感謝しております。(以下略)

もしこの対談の全文を読みたい方はこちらをどうぞ。
http://hrnk.trycomp.net/siryolist.php






HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.