twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


NEWS :「13人集団脱北」は金正恩式恐怖政治の副作用だ(アジアプレス)&北朝鮮赤十字 韓国に脱北従業員の送還要求するメール(聯合ニュース) 
└ 2016-04-29 22:14

4月8日に韓国統一部が発表した、海外の北朝鮮食堂の支配人と従業員、計13人の集団亡命事件。その後の韓国メディアの取材などで、少しずつ詳細が明らかになっている。ハンギョレ新聞、中央日報、朝鮮日報、連合通信など、韓国メディアの情報をまとめると以下のようになる。

・食堂の場所は中国浙江省寧波市の「柳京食堂」。

・亡命は北朝鮮の旅券を使って、航空便で合法的に中国をから東南アジアに出国し、そこから韓国入りした。

・「柳京食堂」には、韓国に亡命した13人以外にも数人の従業員がいた。彼らは中国に留まっている。

これまでも、陸路、海路で10人以上が集団で脱北、亡命する事件はあったが、複数の家族、親族が一緒に行動するケースがほとんどで、これだけ多くの「赤の他人」が意志統一して逃亡を図るなど聞いたことがない。

韓国統一部は、「テレビやインターネットで韓国の発展を知り憧れた」とか「経済制裁が強まり、北の体制にはこれ以上希望がないと考えた」と供述しているなどと説明しているが、それだけの理由で集団亡命したとは到底考えられない。

◆中国では隙だらけ 逃げないのは家族のため

筆者は、中国の瀋陽、丹東、北京、延吉で、北朝鮮の女性従業員が働く食堂を訪れたことが何度もある。食堂そのものを北朝鮮の会社が運営しているところもあれば、ホテルのバーに数人が派遣されているだけの場合もある。

延吉などでは、昼間、若い女性従業員が2〜3人で連れだって買い物や公衆浴場などに出かける姿をちょくちょく目にした。もし本気で逃亡するつもりなら、いくらでも隙があるだろう。働く店から駆け出すことは物理的にはそう難しいことではない。

集団生活、集団行動を基本としているのは、逃亡防止というより、韓国人や外国人記者などとの接触、インターネットや韓国のテレビを見るなど、「自由主義」(集団主義規律からの逸脱)をさせないためだろう。

彼女たちを逃げないよう縛っていた「鉄鎖」は、目に見えない恐怖だ。逃亡の後、故国に残された家族に降り注ぐ後禍は「人生の終わり」だ。キューバのスポーツ選手が海外遠征に出た機会に亡命を図るのとはわけが違う。

この度「柳京食堂」から亡命した13人は、逃亡を決め行動するまでの短い時間、悩み苦しんだはずだ。もし自分が逃亡すれば、北朝鮮に残した家族たちが、身の毛のよだつような連座懲罰を受けることを知っているからだ。

それでも彼女たちは韓国行を決行した。その理由は、「自分が殺されるかもしれない」という恐怖だったに違いない。

◆恐怖政治の副作用

北朝鮮で最も重い政治犯罪は何か。金正恩氏の体制に背くことである。次いで重いのは南朝鮮(韓国)と繋がることだ。これらは処刑や政治犯収容所送りを免れない罪とされる。「柳京食堂」で何があったのかわからないが、支配人と従業員13人が意志一致して電撃的に逃亡を決行したのであるから、北朝鮮に戻されれば死を覚悟せざるを得ないほどの「重大な政治事件」が発生したのだろう。

「上納金が作れない」という経営上の問題ではないだろう。それならば帰国しても叱責、降格される程度で、命を奪われるほどの深刻さはあり得ない。

金正恩氏が執権後、彼の叔父の実力者張成沢氏、現役人民武力部長の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)、人民軍総参謀長の李永吉(リ・ヨンギル)ら高官が粛清・処刑されたことは記憶に鮮明だ。

他にも、芸能関係者、警察中堅幹部などが処刑されたと見られるが、「機関銃で木っ端微塵にされた」、「火炎放射器で焼き尽くされた」など、残忍極まりない処刑が断行されことが北朝鮮内で広く流布し信じられている。

また、「些細なことで幹部が連行されたり、管理所(政治犯収容所)送りになったりしている」という情報が、地方都市に住む取材協力者から私のもとに頻繁に届く。

金正恩氏は、自身の未熟さと権力掌握の不完全さを打開するため、「いうことを聞かない者は容赦しない」という鉄拳統治を続けている。北朝鮮国内を今覆っているのは恐怖である。

「柳京食堂」から逃亡した13人は、体制への忠誠度が高いと評価され外国行きを許された人たちだ。その彼女たちが集団亡命を選択せざるを得なかったのは、まさに恐怖政治の副作用だと言うしかない。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ishimarujiro/20160412-00056531/

北朝鮮赤十字 韓国に脱北従業員の送還要求するメール

聯合ニュース 4月29日(金)15時12分配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮・朝鮮赤十字会の李忠福(リ・チュンボク)中央委員長が、集団脱北し韓国入りした中国の北朝鮮レストラン従業員の北朝鮮送還を要求する電子メールを、韓国・大韓赤十字社の金聖株(キム・ソンジュ)総裁に送った。韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官が29日、定例会見で明らかにした。
 北朝鮮の通知は、レストラン従業員が集団で韓国入りしたことを韓国の拉致、誘引によるものだとしながら、従業員と家族との面会、従業員の送還を要求。これを拒否すれば重大な結果を招くと威嚇する内容だという。
 鄭報道官は「政府はこれまでと同様に、北が事実と異なるこじつけの主張を続けわれわれを威嚇したことを糾弾する」としながら、集団脱北は全面的に本人の自由意志に基づくと強調した。また、偽りの主張や挑発、威嚇行為を直ちに中断するよう求めた。
 朝鮮赤十字会はこの電子メールを、赤十字国際委員会(ICRC)のソウル事務所を通じ大韓赤十字社に送った。南北経済協力事業の開城工業団地が2月に閉鎖された後、南北の軍の通信線と、南北軍事境界線のある板門店の直通電話による公式の連絡ルートも閉ざされている。
 一方、北朝鮮の対韓国窓口機関「祖国平和統一委員会」は28日に報道官声明を発表し、従業員を直ちに引き渡すよう求めている。韓国があくまで挑戦的な態度ならば、無慈悲な対応が始まると威嚇した。
mgk1202@yna.co.kr
.

最終更新:4月29日(金)15時12分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000021-yonh-kr






HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.