twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


NEWS :朝大生200人を貢ぎ物としてささげた朝総連 (統一日報記事) 
└ 2016-06-07 10:04

朝大生200人を貢ぎ物としてささげた朝総連
金日成勲章を受けた朝大

東京にある朝鮮大学校

大学とは知性を磨く殿堂であるはずだが、朝大にはそもそも知性など存在しなかった。それは共産主義や朝総連の本質からくるものだが、朝大は開校当初から共産全体主義の中で生き残るための生存闘争が展開されたからだ。これが暗い歴史的な傷と残っている。

朝大は日本でのインテリ工作基地としての体制整備も終わらないうちに、「北送事業」に動員された。自由世界から全体主義社会へ大量に誘拐・追放されたこの北送事業は、人類史の中でも稀な組織的な犯罪であり悲劇だった。

日本での生活に絶望感を感じていた多くの在日同胞、特に家長たちが社会主義祖国への夢をもって「祖国」へ帰るよう家族を説得した。祖国へ行けば無償教育が受けられるという甘言は、子供たちの未来を考えた親にとって、北韓への帰還を決心させた決定的理由になり得た。

朝総連は一人でも多くの同胞を「社会主義の楽園」に送るため組織を総動員した。その第一線に朝総連学校の教員たちがいた。北送事業の最大の被害者は、まだ一人の独立した人間としての判断力・分別力のない、親や大人たちの決定によって生の運命が決められるしかなかった未成年者だった。このような事情に目を付け付け込んだのが、北送りノルマの達成に躍起になっていた朝総連組織、特に朝総連学校だった。

中には聡明な弟子の人生を考えて祖国への帰還を勧めた先生たちがいたかもしれない。いずれにせよ、多くの教師が未熟な弟子たちに北へ帰るように勧め説得強調した。朝高ではクラスごと北送される悲劇も起きた。朝大の場合は、人生の中で最も情熱に燃える青年期にあたる学生たちの情熱に火をつけるだけで十分だった。

しかし、祖国への帰還熱気は、北送事業が始まってすぐ冷めはじめた。北韓の実情が日本にも伝わり、北へ帰還した者から悔恨の知らせが届いたからだ。帰還希望者は激減する。北送事業の初期には、自身も騙されて愛する弟子たちを地獄の北へ帰還するよう勧めたケースも少なくなかったはずだ。

だが、金日成への忠誠を争った韓徳銖や金柄植など朝総連の指導部は同族に対する赦されざる罪を犯し続けた。朝総連と朝大は「文革」のような混乱に陥った。そして、この狂気の中で、朝大、いや朝総連の歴史上最も恐るべき事態がおきた。暴君に人間を生贄として捧げたのだ。

元朝大の副学長だった朴庸坤は2007年10月、NHKのスペシャル番組で悔恨の証言をする。それは金日成が還暦を迎えた1972年のことだった。朝総連から様々な貢物が平壤に贈られた。その目玉は「人間200人」を捧げることだった。金日成の還暦を祝って平壌に送る「忠誠の手紙伝達の青年祝賀団」200人を「社会主義建設の先鋒隊」として金日成に捧げたのだ。

当初選ばれた200人のうち100人は親や本人の動揺で辞退。残り100人の枠を埋めるために朝大の教師は教え子を説得した。金日成への貢ぎ物として祖国に帰還させられた青年たちの夢や大学での勉強などはもちろんかなえられなかった。
朝鮮大学校は1975年5月「金日成勲章」を受けた。 
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=80762&thread=04

1967年、朝鮮大学認可を求める署名運動の呼びかけ人が「朝鮮大学校を見て」というパンフ(朝鮮大学校出版)に載っています。何人かのお名前を紹介します。

家永三郎、井上清、大内兵衛、小田切秀雄、川喜田二郎、斉藤孝、都留重人、遠山啓、中野好男、矢野健太郎、宇野重吉、加藤剛、藤島宇内、木下順二、吉田喜重、阿部知二、中島健蔵、東野英次郎、金子光晴、開高健、杉村春子、大藪春彦、今井正・・・・きりがないのでやめますが、こういう時代だったのだなあと思います。この方々は善意で行ったことでしょうが、朝鮮人の人権や教育権擁護のための善意が、最悪の「北朝鮮への広義の強制連行」として若者を収容所共和国に送り込むことになるとは、歴史の悲喜劇としか言いようがありません(三浦)








HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.