twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


NEWS :「女が動かす北朝鮮」五味洋治著(文春新書) 
└ 2016-07-15 08:35

北朝鮮で女性が果たしてきた役割とは 権力を支え、権力を揺るがす

  5回目の核実験を行う構えを見せている北朝鮮。「父親の金正日総書記よりも挑発的」とされる、最高指導者・金正恩氏の行動を理解しようと、各国は情報収集に全力を挙げているが、秘密のベールに包まれて、なかなか見えてこない。
 それならば、全く違う角度でアプローチしてみよう。そんな動機から私は今月、1冊の本を上梓した。「女が動かす北朝鮮」(文春新書)だ。あの国の権力者3人に、女性たちがどう関係し、影響を与えたかに焦点をあてたものだ。

 内容を語る前に、次期在韓米軍司令官に指名されているビンセント・ブルックス氏の言葉を引用しよう。

 ブルックス氏は4月19日、金正恩第1書記について、「父親に比べ、核プログラムの推進に熱心で、国際社会の懸念を無視する傾向がある」「第1書記の行動と、相談相手の不在から(北朝鮮は)不安定化の可能性が拡大している」と語っている。
 
 金正恩氏は、就任以来約4年で、約100人の党や政府高官を更迭もしくは処刑したと伝えられる。しかし、意外にも、親族の女性たちとは良好な関係を結んでいる。

 例えば妹の金与正。彼女は身辺の警護の責任者として兄の現地視察に必ず同行している。数少ない相談者として、支えているに違いない。会った人は多くないが、「活発だが、礼儀正しい」という評価を受けている。

 健康不安のある兄に万が一のことがあれば、金ファミリーの血統を受け継ぐ彼女が、権力の座に付くのは間違いない。中国は、北朝鮮の崩壊は望んでいない。金正恩氏の暴走が止まらなければ、若く、経験に乏しいものの、彼女への権力移譲を考えるだろう。

 妻の李雪主は元歌手だ。中国の習近平国家主席の妻も歌手として有名だった。中国を真似した訳ではないだろうが、正恩氏のイメージ作りに一役買っている。

 李雪主は、その発言がほとんど伝えられないが、公の場に夫に同行している。最高指導者の最も身近にいる人間といえる。われわれが想像する以上に、金正恩氏の強硬路線を支持している可能性がある。

 ただし、彼女に対する住民の反発も少なくない。ブランドものを身につけ、かなり裕福な生活をしていると推定されるからだ。正恩氏への反発が、妻の存在と絡んで増幅される危険性もある。

 もう1人、全く表舞台に登場しないナゾの女性がいる。金正日氏の長女、金雪松だ。40代になる彼女は、金正恩氏を経済政策の面で補佐していると伝えられる。

 神話の中のカリスマ指導者であった祖父の金日成主席や、その権力を引き継いで、国防力を高めた金正日氏。この2人も、女性関係に悩み、また、救われてきた。

 2番目の妻である成恵琳さんについては、彼女を知る関係者がソウルにおり、インタビューできた。彼女の素顔を記述している。

 在日コリアン出身の高容姫さんについても、日本に公演で来た時の貴重な写真や証言を拾っている。再び彼女に関心があつまるかも知れない。

「北朝鮮には女性はいなかった」と言われるほど、女性の存在は低く、ないがしろにされてきた。しかし、1990年代の食糧難の時代、女性たちが市場に出て、モノの売買を行い、家計を支えた。

 家庭で女性たちの力が増しており、北朝鮮の当局も無視できなくなっている。また、北朝鮮を脱出する住民の7割は、生活力のある女性が占めている。

 体制の矛盾をアピールし、絶対権力の足下を少しずつ崩しているのもまた女性たちなのだ。

 本書が、新しい北朝鮮理解に役立って欲しいと願っている。
http://cyucyo.blogspot.jp/2016/04/blog-post_22.html

五味洋治氏のブログ「北朝鮮問題のカギは中国にある」から紹介しました。本書はなかなか面白い本ですので、皆様にもご一読をお勧めします。
脱北者の方から、私は北朝鮮における男性の女性に対するひどい暴力について何度も聞かされました。しかし同時に、90年代飢餓以後、女性は母親として子供を守るために、男性よりもはるかによく働き、闇市場を切り盛りし、それが北朝鮮経済をある種「自由化」したことは間違いがありません。脱北者のおそらく60,70%は女性ではないかと思われるのですが、それも、人身売買や売春などの悲劇を伴うことも事実ですが、同時に、子供を守り、何とか生き抜こうとする力を北朝鮮女性が発揮している面もあるように思います。

ただ、ここで私が思い出すのは、そのような「力」を持てなかった女性、特に日本人妻のことです。彼女らは北朝鮮内で助け合える親族もなく、日本からの仕送りも乏しく、北朝鮮女性のような力を発揮できず亡くなっていった人が多いのではないでしょうか。その人たちのことを想えば、日本政府は拉致被害者同様、すでに老境に至った同胞である日本人妻の、せめて安否調査を北朝鮮に求め、同時にせめて里帰りの実現を求めてほしいと思います(三浦)







HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.