twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


NEWS :北朝鮮核実験に対する日本各政党声明 
└ 2016-09-11 08:17

今回の北朝鮮核実験についての各党の声明を紹介します。
(公明党のものは、ネット上で今日の段階では検索できなかったので、とりあえず記事を紹介しました。(三浦)


(自由民主党)
北朝鮮の核実験に対する緊急党声明

平成28年9月9日
自由民主党

本日、北朝鮮が5回目となる核実験を実施した旨の発表を行った。

わが国をはじめ国際社会は、北朝鮮に対して、関連の国連安保理決議の完全な遵守を求め、核実験や弾道ミサイル発射等の挑発行為を決して行わないよう警告と要求を繰り返してきた。こうした中、本年に入って運搬手段である弾道ミサイルの発射を既に21発実施したことに加え、本日、核弾頭能力を高めるためとして1月に引き続き核実験を再度強行したことは、わが国に対する直接的脅威であり、極めて強く非難する。

今回の北朝鮮による核実験の実施は、国連安保理決議第2270号をはじめ関連安保理決議に対する明確な違反であるばかりか、核兵器不拡散条約(NPT)を中心とする国際的な軍縮・不拡散体制に対する重大な挑戦である。また、日朝平壌宣言や六者会合共同声明にも違反し、北朝鮮との対話を通じた問題解決に向けた動きにも逆行するものであり、断じて容認できない。

政府に対して、断固たる抗議の意思を表明するとともに、更なる核実験の場合には北朝鮮に対し更なる重要な措置をとる決意を表明した国連安保理決議第2270号を念頭に、国連安保理での対応を含め、米国、韓国、中国、ロシアを始めとする関係国と緊密に連携し、制裁の強化を求めるなど、外交努力を行うことを要望する。また、国連安全保障理事会で新たな制裁決議がなされる場合、必ずその理由に拉致を含む人権侵害を明記させることを強く求める。

拉致問題に関し、北朝鮮が、平成26年5月の日朝合意を履行しないばかりか、本年に入って特別調査委員会の解体を一方的に宣言するなど、不誠実な対応を続けていることは極めて遺憾である。政府は、昨年6月に党拉致問題対策本部から提言した13項目の制裁強化策の内、未実施の部分について早急な実施を検討するとともに、全ての制裁事項の実施の徹底を図るべきである。

今回の北朝鮮による核実験を踏まえ、今後とも、政府として、国家の防衛と国民の安全確保のための施策の一層の充実に万全を尽くすことを求める。
https://www.jimin.jp/news/discourse/133089.html

(民進党)
2016 年9月9日
民進党代表 岡田克也

【代表談話】北朝鮮の核実験に厳重に抗議する

民進党代表 岡田克也

 本日、北朝鮮は5度目となる核実験を行った。

 北朝鮮は今年だけでも、1月に核実験を行ったことをはじめ、13回21発の弾道ミサイルを発射させ、危険極まりない暴挙を繰り返している。そのうえ今回さらなる核実験を実施したことは、我が国のみならず、東アジアの平和、ひいては国際社会の安全を損なう重大な脅威であり、断じて容認できない。強く抗議する。

 今月には安保理緊急会合による非難声明や、東南アジア諸国連合の議長声明が発表され、国際社会から強く自制を求められる中、北朝鮮は自らの行為がより一層の孤立を招いていることを自覚しなければならない。

 日本政府は国連安保理非常任理事国として国際社会と協調し、北朝鮮の挑発行為が繰り返されることがないようリーダーシップを発揮し、安保理での新たな制裁決議をめざすべきである。  

 また情報収集・分析、警戒監視に一層努め、国民の安全確保のために万全の対策をとるべきである。

以上
http://blogos.com/article/189938/

(公明党)

強く非難する声明発表

公明新聞:2016年9月10日(土)付
党対策本部が初会合 政府に万全な対応要請


公明党は9日夕、衆院第2議員会館で、同日設置された北朝鮮核実験対策本部の初会合を開き、政府から対応状況などを聴取した。席上、山口那津男代表は北朝鮮を厳しく批判した上で、「国際社会との連携がますます重要」と強調した。

この後、党対策本部は、北朝鮮を強く非難する声明を発表。国連安全保障理事会決議第2270号などに明白に反するとし、北朝鮮に既存の核・弾道ミサイル計画を放棄することを促すとともに、核兵器不拡散条約(NPT)および国際原子力機関(IAEA)保障措置に早期に復帰し、朝鮮半島の非核化をめざすよう求めた。

政府に対しては、国際社会が一致して、北朝鮮関連の安保理決議に基づく制裁措置の厳格かつ着実な実施が重要と指摘。新たな非難と実効性のある措置を含む安保理決議を要請した。
https://www.komei.or.jp/news/detail/20160910_21275

(日本共産党)
北朝鮮の核実験を糾弾する

2016年9月9日  日本共産党幹部会委員長  志位和夫

一、北朝鮮は、本日、核実験を強行した。北朝鮮による核実験の強行は5回目であり、この間繰り返された弾道ミサイル発射とともに、世界の平和と安定にとっての重大な脅威であり、北朝鮮の核・ミサイル開発の放棄を求めた累次の国連安保理決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙である。

 日本共産党は、この無法な暴挙をきびしく糾弾する。

一、3月3日に全会一致で採択された国連安保理決議は、北朝鮮の核実験と弾道ミサイル発射を「最も強い言葉で非難」し、制裁措置の強化を決定するとともに、「6カ国協議への支持を再確認し、その再開を呼びかけ、2005年9月の共同声明での誓約への支持を再表明する」とのべている。

 核・ミサイル開発を放棄させるため、北朝鮮を6カ国協議の対話のテーブルにつかせることは、いよいよ急務である。

 そのために、国際社会が一致結束して、制裁措置の全面的で厳格な実施とその強化を含め、政治的・外交的努力を抜本的に強めることを求める。

一、核武装強化の道を進むことは、いよいよ国際的孤立を深め、北朝鮮自身にとっても未来のない道であることを、強く指摘するものである。
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2016/09/post-725.html

(社会民主党)
2016年9月9日

北朝鮮による度重なる核実験に強く抗議する(談話)

社会民主党幹事長 又市 征治

1.本日午前9時半頃、北朝鮮で核実験の可能性があるマグニチュード5.3の人工地震が感知された。核実験であるとするならば5度目であり、社民党は、強く抗議する。あらゆる国の核実験に一貫して反対するとともに、北東アジア地域の非核地帯化を実現する努力を一貫して続けてきた社民党は、度重なる北朝鮮の核実験を認めることはできない。

2.国連安保理は、北朝鮮に対して、これまで何度も自制を求めてきた。また、6日、北朝鮮に対し、核実験を含めて、安保理決議に違反するこれ以上の行動を控えるよう求める報道機関向け声明を発表したばかりである。さらに現在、あらゆる国に爆発を伴う核実験の自制を要求する決議草案の議論が進んでいる。こうした国際社会の動向を無視し、またも核実験を行ったとすれば、国際社会の平和と安定を損ないかねず、特に北東アジア地域に新たな緊張をつくり出すものである。

3.北朝鮮は、「朝鮮半島の核問題の包括的な解決のため、関連するすべての国際的合意を遵守する」ことを確認した日朝平壌宣言や、「すべての核兵器及び既存の核計画を放棄すること」等を約束した六者会合共同声明をはじめとする国際合意を真摯に守り、ただちに核兵器の開発を中止すべきである。

以上
http://www5.sdp.or.jp/comment/2016/09/09/%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%ba%a6%e9%87%8d%e3%81%aa%e3%82%8b%e6%a0%b8%e5%ae%9f%e9%a8%93%e3%81%ab%e5%bc%b7%e3%81%8f%e6%8a%97%e8%ad%b0%e3%81%99%e3%82%8b%ef%bc%88%e8%ab%87/

(生活の党)
北朝鮮による核実験を受けて
平成28年9月9日
代表 小沢 一郎

このたびの北朝鮮による核実験は絶対に許すことのできない暴挙であり、ここに強く非難、抗議する。

北朝鮮はこのところ、国際社会を挑発するかの如く、ミサイル発射や核実験を何度も繰り返しており、極めて悪質である。

本件は、明らかな国連安保理決議違反であるだけでなく、現在の「核不拡散」の国際社会の取り組みに対する完全な挑戦行為といえ、我が国の平和と安全に対する重大な脅威である。

今後わが国としても、関係各国としっかりと連携・協議しながら、北朝鮮政府に対し、断固たる厳しい対応をとっていく必要がある。

わが党としても、必要な情報分析や国民への情報提供も含め、今後の対応に万全を期すよう、政府に対し、強く要請するものである。
http://www.seikatsu1.jp/activity/declaration/20160909.html






HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.