twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


NEWS :産経新聞、統一日報書評『写真で綴る北朝鮮帰国事業の記録 帰国者九万三千余名 最後の別れ』「国家的詐欺の証拠がここに」 
└ 2017-01-26 08:19

『写真で綴る北朝鮮帰国事業の記録 帰国者九万三千余名 最後の別れ』

■国家的詐欺の証拠がここに

 利発そうな少女が同級生や教師に囲まれて撮った写真があった。新潟の定時制高校に通う18歳。北朝鮮へ行けば大学へ進学できる、将来は医者になりたい、と夢をふくらませて渡った地で、地獄のような暮らしが待っていようとは思いもしなかっただろう。北を訪問した親類が約30年ぶりに会った彼女は別人のように痩せこけ、目もうつろ、今にも生命の灯(ともしび)が消えてしまいそうな廃人になっていた。

 昭和34(1959)年12月14日、新潟港から第1船が出た北朝鮮への帰国事業では、「地上の楽園」「教育費も医療費もタダ」などというウソッパチの宣伝文句に誘われ、約9万3千人の在日朝鮮人、日本人配偶者や子供らが日本海を渡った。本書には新潟で帰国事業に関わった小島晴則氏(85)が出発前に撮った膨大な写真と貴重な資料が収録されている。

 日本一の美声と謳(うた)われたテナー歌手、永田絃次郎(げんじろう)(朝鮮名・金永吉(キム・ヨンギル))は35年1月、一家6人で帰国船に乗った。出発前に新潟での歓送会で歌う雄姿、帰国船のデッキから手を振る笑顔…新天地への思いがあふれんばかりだ。小島氏は「一家を撮影したとき日本人妻の民子さんだけが心残りな顔だった」と振り返る。

 帰国事業は北朝鮮の金日成(キム・イルソン)首相(当時)と朝鮮総連が主導した国家的詐欺だったが、日本政府も各政党も、メディアも、もろ手を挙げて賛成した。その「証拠」が本書の写真に残っている。

 運動を推進した政党は共産党や社会党(同)だけではない。何度も見送りに駆けつけた自民党の小泉純也衆院議員(同)は純一郎元首相の父親だ。『38度線の北』などの著書によって帰国者に大きな影響を与えた寺尾五郎氏はすらり長身で講演会には多くの聴衆が集まったという。ハンドマイク片手に熱弁を奮う有名女優、地元を挙げて大歓迎した市民、夢と希望できらきらと目を輝かせている帰国者の子供たち…当時の熱狂ぶりが伝わってくるようだ。

 北朝鮮で辛酸をなめた帰国者は約60年を経た今も苦しみの中にいる。忘れてはならない事実がここにある。(小島晴則編/高木書房・3500円+税)
 評・喜多由浩(文化部編集委員)
http://www.sankei.com/life/amp/170122/lif1701220014-a.html

統一日報書評


『写真で綴る北朝鮮帰国事業の記録 帰国者九万三千余名 最後の別れ』
小島晴則著

 本書は昨年12月14日に刊行された。日付を見てピンとくる方もおられよう。第1次帰国船が新潟を出港した日である。
編者の小島晴則は、新潟県帰国協力会事務局員として、興奮のるつぼと化した群衆の中でファインダーをのぞいていた。見たことのない北の「祖国」に帰ろうとする人々の表情は、どれも明るい。
1959年に始まったいわゆる「北送事業」(帰国事業)について、編者は3年前にも、当時発行された『新潟協力会ニュウス』をまとめた書籍を出している。資料的価値が高かった同書と対をなすかのような本書は、主に写真で構成されている。
被写体は主に、帰国船を待つ在日コリアンや日本人妻だ。見送りに来た親族や朝鮮総連幹部の顔もある。「祖国」で待ち受ける運命を知らず、笑顔を見せる帰国者。彼らが「地上の楽園」に向かうと信じて送り出した小島らスタッフ。その高揚ぶりが写真から強く伝わってくるからこそ、悲劇の色は影のように濃さを増す。
当時の写真は多くあれど、被写体への距離や取り続けた歳月、そして彼らとのかかわりの深さにおいて、小島にしか撮れなかった貴重な写真が収められている。
高木書房刊
定価=3500円(税別)
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=82117&thread=01r05

産経新聞および統一日報に書評が掲載されましたので紹介いたします。
勿論、一般書籍には比較になりませんが、発行人の私としてはありがたいほど注文がありました。お求めになってくださった方々の中には、在日コリアンの方が多くおられるようにも思えます。朝鮮総連本部にも二冊贈呈いたしました。皆さんの大先輩が、多くは善意で行った帰国事業でしょうが、その結果の責任はあまりにも重いものです。もう、人質がいるから発言できないとか、共和国公民だから祖国を支持するとか、そのような発言は何の説得力も持ちません。朝鮮学校でまず真っ先に教えるべきことは、この帰国事業とそれがもたらした悲劇のはずです。

そしてもう一つ、日本側も責任は免れません。1959年当時、北朝鮮の実情が分からなかったことはしかたがないでしょう。しかし、関貴星氏は、北朝鮮の実情が帰国事業の宣伝とはかけ離れていることを、『楽園の夢破れて』(1962年3月全貌社)ですでに明らかにしていました。70年代以後は、少なくとも日本人妻や帰国者からの手紙により、一定程度北朝鮮の状況は理解することもできたはずです。実際、民社党の国会質問という記録も残っていますし、84年には「凍土の共和国」(亜紀書房)も発行されています。これらの先駆者の書物は、今でこそもっと再評価されるべきではないでしょうか。(三浦)






HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.