twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


NEWS :李相哲教授(龍谷大学社会学部)講演会 『金正恩暴走の原因と行く末を考える-今日本がするべきことは何か-』 
└ 2017-06-05 17:52

李相哲教授(龍谷大学社会学部)講演会のお知らせ

演題『金正恩暴走の原因と行く末を考える-今日本がするべきことは何か-』

共催:北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会・北朝鮮難民救援基金

日時:平成29年・2017年6月24日(土)午後1時半開場

講演は2時〜3時半。質疑応答:30分〜50分。午後4時半終了予定。

会場:
〒112-0003
東京都文京区春日2-9-5 アカデミー茗台レクリエーションホールB。(文京区の施設で茗台中学校と併設)

会費:無料です。

交通:地下鉄・丸の内線「茗荷谷」駅より徒歩10分。
都営バス・都02系統「小石川四丁目」下車、徒歩3分。
都02系統はJR大塚駅―錦糸町駅を結ぶ路線バスです。
大江戸線・都営三田線の春日駅でも乗車できます。


李相哲講師の略歴:
昭和34年・1959年9月6日生まれ。李先生は日本国籍を取得された中国・朝鮮族出身のメディア史学者です。昭和62年・1987年に来日。上智大学に学び新聞学で博士号を取得。満州や朝鮮など東アジアの新聞史論や、朝鮮半島情勢に詳しく実証的な研究をなされています。
主な著書に『満州における日本人経営新聞の歴史』(凱風社)、『満州は何だったか』(共著、藤原書店)、『金正日と金正恩の正体』(文春新書)、最新刊『金正日秘録 なぜ正恩体制は崩壊しないのか』(産経新聞)など著書や論文を多数お書きです。






HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.