twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


次の5件>>

NEWS :北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会・関西 緊急講演会
└ 2017-03-04 18:19

混乱する韓国、暴走する北韓
危機的状況の中で今、在日同胞が果たすべき歴史的役割を訴える!!

講師:統一日報論説主幹 洪熒(ホン・ヒョン)先生

日 時:3月19日(日) 13時30分 〜 (開場13:00)
場 所:大阪府社会福祉会館 4階 401号ホール
参加費:無料

■ 叔父を惨殺し、兄を暗殺し、多数の側近を処刑する、礼節を無くした金正恩。恐怖政治の結末は?

■ 韓国の政治状況の行方は、次期大統領に課せられる課題は?

■ 韓国が迫られる対北、中国、米国政策の内容は?それへの備えと覚悟はあるのか?

■ そして日本で今、私たちがなすべきことは何か。在日韓

NEWS :脱北者 イ・エランさん(韓国在住)から朝鮮初級学校生へのメッセージ
└ 2017-02-28 08:52

脱北者イ・エラン氏が、朝日新聞への朝鮮学校生徒への投書について答えた文章です
ぜひお読みください。ここにこの学校問題の本質がほぼ含まれているように思えます。(三浦)

朝鮮初級学校生 高さんへ送る手紙

朝鮮初級学校生 高さんへ

2月6日付けの朝日新聞に掲載された高さんの作文『朝鮮学校の良さを知って』を読みました。大人の事情でまだ幼い小学生さんを巻き込んだような気がして一人の大人として申し訳ない気持ちでした。しかし、高さんに誤解して欲しくないので、一つだけお伝えしたいことがあります。

この間、朝鮮学校の副教材に「日本人拉致」の内容を記述する条件で、自治体から補助金を貰おうと交渉した神奈川・朝鮮総連のトップがいきなりクビになったことが報じられました。本部の許可なしで独自に交渉をした理由です。

北朝鮮による「日本人拉致」の問題は既に世間に知られているので、その内容を朝鮮学校の教材に記述したって急変することはありません。常識的に考えて、自治体から補助金が出たら、生徒さんの授業料の負担は軽減し、普通の日本人学生同様、もっと良い環境と施設で勉強することができます。

だから、本当に生徒のことを考えているなら、朝鮮学校は教科書を修正して補助金を受け取るべきです。だが、朝鮮総連はそれを拒否しました。教科書を弄る前例を作ってしまうと、それを皮切りに最後は「金日成思想」まで弄られる可能性があるからです。

つまり、朝鮮総連にとっては生徒の人権より大切なのが「金日成思想」なのです。実のところ、朝鮮学校は朝鮮総連とつながっていてお金を一緒に使っており、朝鮮学校と朝鮮総連を通じて北朝鮮にお金を送ったという疑惑もたくさんあってので、朝鮮学校への補助金も本当は生徒のために使う気などなかったかもしれません。

2016年1月6日、北朝鮮が水爆実験に成功したと発表し、日本中が震えていた時に、朝鮮学校生は北朝鮮で「異国(日本)の空には人情もないのに祖国(北朝鮮)は愛情が溢れている」と歌って踊る公演を行いました。多くの日本人の方は日本を脅かす金正恩に忠誠を誓う朝鮮学校生の姿を怖く感じたと聞いています。これは、朝鮮学校生の街のゴミを拾う活動で解決するレベルの問題ではありません。

高さんが普通の日本の学校ではなく、朝鮮学校に進学したことにはそれなりの理由があるでしょう。母国語を学びたい、母国の歴史を学びたい。自分の根を大切にする気持ちは素晴らしいと私は思います。でもその選択の理由に「金日成思想」を学びたい、はなかったはずです。

私は生徒さんたちが堂々と自分の権利を主張するべきと思います。僕は民族教育を受けるために朝鮮学校を選んだだけで、「金日成思想」のために通ってるわけではないと。朝鮮学校が「金日成思想」を諦めたら、学生の生活はより豊かになります。朝鮮学校には朝鮮学校生が日本社会になじんで生きていけるようサポートする義務があります。

今の学校側の行為は生徒たちの人生を邪魔するだけです。北朝鮮に暮らしていたからこそ言えますが、「金日成思想」なんかは高さんのこれからの人生に何の役にも立ちません。朝鮮学校を批難する声に傷ついた高さんの話には胸が痛みました。

しかし、日本社会は高さんの存在を嫌うわけではない。高さんのような幼い子どもたちにああいう歪んだ教育をさせる学校側、大人たちを批難しているわけです。どうか自分のことを大事にして、自分の権利を取り戻してください。立派な大人に成長していくことを遠くから応援します。

イ・エラン
http://www.huffingtonpost.jp/lee-aeran/korean-school-in-japan_b_14897760.html


NEWS :新潟県立新潟中央高等学校に、小島晴則氏が著書を寄贈、校長室だよりで取り上げられました。
└ 2017-02-27 17:23

校長室だより 新潟県立新潟中央高等学校
創立116年めを迎えた新潟県立新潟中央高等学校の日々の様子をお伝えします

2017年02月22日

2月17日(金)、小島晴則さんが来校され、御著書を寄贈していただきました。

小島さんは、かつて北朝鮮帰国事業に新潟県帰国協力会の事務局長として携わっておられました。

昭和35年2月、本校生徒として在籍していた金和美さんが、帰国を前に記念として本校中庭に二本の梅を植樹し、翌月、本校卒業後、新潟港から北朝鮮に渡りました。金和美さんからは帰国の一年後、校長宛にはがきが届いた以降は連絡がとだえたままだそうです。

この度、小島さんは当時の取組について今一度考えるきっかけになればと、写真撮影していた帰国事業の貴重な記録を一冊にまとめて出版なさったのでした。(「写真で綴る北朝鮮帰国事業の記録 帰国者九万三千余名 最後の別れ」(高木書房))

御著書は670頁以上に渡って小島さんが撮影された貴重な写真が多数掲載されています。
本校卒業生で海を渡った金和美さんのこと、帰国事業のことをこれからも語り継いでいくため、生徒に紹介するとともに全校生徒が閲覧できるよう本校図書館に置かせていただきたいと思います。

小島さん、おいでいただき貴重なお話をお伺いするとともに、御著書を寄贈していただき誠にありがとうございました。
http://niigatachuohead.seesaa.net/archives/20170222-1.html

帰国者たちが日本に残したかすかな思い出が、こうして語り継がれていくことほどありがたいことはありません。校長先生に深く感謝いたします。学校の図書館にこの本が置かれ、金和美さんがこの日本で青春時代を過ごしたことが、一つのしるしとして残っていくこと、これが歴史を伝えるということだと思います(三浦)

NEWS :韓国在住の支援者の方が、金柱聖(脱北者)のトークに日本語字幕を付けてくださいました
└ 2017-02-24 11:35

https://www.youtube.com/watch?v=zCPxzwHK8fQ&feature=youtu.be

韓国在住の支援者の方から、以下のメールがリンク先と共に来ました。
ぜひ上のリンク先をクリックしてご覧になってみてください。(三浦)

以下、支援者からのメール内容です。(一部省略)

韓国でこの度、関西の朝鮮学校出身の金柱聖さんのベナTVでのトーク番組に、日本語字幕を付けました。
15歳まで日本で暮らし、70年代に帰国船に乗った方で、韓国の脱北者の中でもとても有名な方です。脱北青少年を養成するオーケストラを作り、活動されています。

前半には日本での暮らし、朝鮮学校での経験、帰国直後のショック・・・等の話も出てくるので、ぜひご覧になってみてください。

一度目の脱北で捕まり、北送されて、酷い拷問を受けています。今でも総連、民団に多くの親族がいるようです。

NEWS :朝鮮学校高校無償化についての要請文
└ 2017-02-22 16:41

滋賀、京都、和歌山の知事と県議・府議に次の要請文を2017/2/14に送付。
大阪府の知事と府議(大阪維新のみ)、大阪市の視聴と市議(大阪維新のみ)にも送付。

意図は、朝鮮学校の子供が北朝鮮と朝鮮総連に政治利用され、学ぶ権利を侵害されている実態をしってもらいたいため。


以下要請文。


拝啓

 先生におかれましては、ますます御清祥のことと拝察申し上げます。

 私たちは「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」でございます。

 1959年12月に始まった北朝鮮への帰還によって日本から北朝鮮に渡った人たち(北朝鮮帰国者)が、悲惨な境遇に追い込まれたことを知り、1994年2月に会を結成し、その人たちの人権救済をめざしてきました。その途上で、脱北者から救援の依頼を受けるようになり、その保護と日本での定着支援にも取り組んでまいりました。

 北朝鮮帰国者の人権救済には、北朝鮮に関するすべての人権・人道問題を視野に取り組むことが必要であるため、関係諸団体とも連携し、北朝鮮をめぐる広い範囲の問題に関心を向けてまいりました。

 その中の一つが朝鮮学校における教育の実態であります。
 私たちは、2012年に『朝鮮学校の秘められた目的・知られざる実態』という冊子を発行し、学校が北朝鮮金一族に忠誠を尽くす「チュチェ型青年中核」を育成することを目的に、洗脳にあたる「教養教育」を行っている実態を明らかにしました。それは在日の子供たちの事実理解、批判的判断力など、正常な世界観の形成を阻む人権犯罪、精神心理犯罪であります。
その具体的な一例は、朝鮮学校の子供を毎年平壌に送り、北の独裁者一族を褒めたたえる迎春公演の存在です。これは2015年を除いて1987年から現在まで毎年行われております。朝鮮学校から派遣された在日の子どもたちは、北朝鮮の現在の独裁者を神のように称え、「金正恩元帥様だけを信じ、付き従います」と誓うのです。金正恩に絶対忠誠を誓う子供を育てようとする朝鮮学校の教育は、決して民族教育ではありません。

 大阪では朝鮮学校への補助金裁判において朝鮮学校側が全面敗訴となりました。朝鮮学校側の主張は「府の条件に適するよう改革したのに、補助金を停止するのは不当であり、子供の学ぶ権利の侵害である」というのです。

 しかし、実態は逆であります。金正恩に忠誠を誓う政治組織である少年団、青年同盟に、学校が生徒全員を加盟させ、クラスを少年団、青年同盟の班として運営し、チュチェ思想で洗脳する仕組みにある現在の朝鮮学校こそ、子供たちの精神的成長をゆがめ、発達の多様な可能性を摘み取るものであり、調和のとれた近代人として成長するための学ぶ権利を侵害するものです。

 帰還事業で北送された在日朝鮮人9万3千人のうち、多くの人が政治犯収容所で残酷に殺されました。その数は少なくとも万を越えると言われております。その人たちは他でもない在日朝鮮人のわが子や肉親、親族、そして友人、知人であり、朝鮮学校の先輩たちであります。

 その犠牲者たちを忘却させ、加害者である北の独裁者を褒め称える教育こそが、在日の子供に価値観の分裂を引き起こさせ、朝鮮民族としての誇りを持てなくする、「反」朝鮮民族教育であります。そして、この教育を続ける朝鮮学校こそが、子供の学ぶ権利を侵害しております。

 どうか在日の子供たちを重大な人権侵害から守るために、朝鮮学校に財政支援を決してしないでください。また、民族教育からかけ離れた朝鮮学校の「教育」の中に隠された洗脳の実態を明らかにし、その改善を朝鮮学校側に強く要求してください。

 驚くべき実態は『朝鮮学校の秘められた目的・知られざる実態』で詳しく説明しております。また、無償化に反対し、民族教育の正しい発展を願う、朝鮮学校の元教員や卒業生、在日朝鮮人の声も同封いたしました。どうかこれらの資料をお読みいただき、今後の政策検討資料としてご活用くださるようお願いいたします。


 先生の今後のご健勝とますますのご活躍を祈念申し上げます。


敬具

平成29年2月14日
北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 関西支部
FAX/TEL 072-990-2887


同封した「朝鮮学校の元教員や卒業生、在日朝鮮人の声」

http://hrnk.trycomp.net/cmsdesigner/dlfile.php?entryname=siryo&entryid=00020&fileid=00000002&/%E5%9C%B0%E6%96%B9%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6%E5%90%91%E3%81%91_%E7%84%A1%E5%84%9F%E5%8C%96%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E5%9C%A8%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%A3%B0.pdf

返信用ハガキの返事は今のところ全て無償化に「反対」となっている。







HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.