twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


次の5件>>

NEWS :5月24日(金)「拉致被害者救出、北朝鮮に自由と平和を」(調査会・特定失踪者家族会主催)のご連絡
└ 2019-05-19 13:24

特定失踪者家族会主催で、デモを行います。
要請内容に「在日朝鮮人も含め特定失踪者の拉致認定を進めてください」とあり、在日朝鮮人の被害にも言及しております。
東京近辺の方はぜひご参加ください。

参加される方は守る会代表佐伯までご連絡をお願いします。
090-5344-3070(佐伯)


〜〜〜〜〜〜〜詳細〜〜〜〜〜〜〜
拉致被害者救出、北朝鮮に自由と平和を

日程 令和元年(2019)5月24日(金)

・10:30 日比谷公園霞門
(日比谷公園の西側官庁街向かい、丸ノ内線霞ヶ関駅B2出口)前集合

・11:00〜デモ隊出発。
途中財務省上交差点でデモを国会要請行進にに切り替え(拡声器等使用はここまで)国会議員面会所前で各党に要請行動。
その後旧永田町小学校前(自民党本部向かい)で行進終了。

※デモは調査会ポスター・ビラにある全員の顔写真を参加者1人づつが持って行う予定です。

13:00〜16:00 集会「拉致被害者救出、北朝鮮に自由と平和を」

会場:星陵会館
千代田区永田町2-16-2(地下鉄有楽町線・南北線・半蔵門線永田町駅6番出口徒歩3分千代田線国会議事堂前駅5番出口徒歩5分、南北線溜池山王駅5番出口徒歩5分、銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅11番出口徒歩7分)


主催 特定失踪者問題調査会・特定失踪者家族会

規模 特定失踪者家族約50名、特定失踪者問題調査会役員約10名、支援者約140名

合計約200名程度を予定


要請内容

・安倍総理、特定失踪者家族の声を聞いて下さい
・「拉致の可能性のある失踪者は900人」と政府の文書に明記してください
・在日朝鮮人も含め特定失踪者の拉致認定を進めてください
・被害者救出のために全ての手段を動員してください


NEWS :北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会「第26回総会」と特別講演会のご案内
└ 2019-04-04 17:57

日時:2019年4月20日(土)午後1時〜4時半
場所:東京港区芝大門2-10-12 人権ライブラリー
(http://www.Jinken‐library.jp/access)
(JR浜松町駅徒歩5分、地下鉄大門駅徒歩5分)

★参加無料

第1部:特別講演会 「北朝鮮の現況と人権解放」
(午後1時〜午後2時50分)

<講師>
米国人権団体「北朝鮮人権委員会」(HRNK)
グレッグ・スカラチュー事務総長

北米と東京を結ぶ二元中継講演。
通訳 宋ユンボク・ノーフェンス副代表。
(グレッグ・スカラチュー氏は、ルーマニアのご出身。
大学1年の時に東欧民主化運動によってチャウセスク書記長の独裁体制が倒れるのを目撃した歴史の証言者の1人。その後、ソウルに6年間留学し、韓国語にも堪能。現在は、アメリカに渡り「北朝鮮人権委員会」の事務総長として幅広く活躍中)

主催:「守る会」と「NO FENCE」の共催


第2部:北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会総会
(午後3時〜午後4時半)

 主要議題は、帰国事業60年を期して、北朝鮮へ渡った帰国者の方々が抱えた様々な人権問題を解決するために、「守る会」の法人化問題としました。
 帰国者が抱えた様々な人権問題により積極的に取り組むためには、1民間の任意団体よりも「NPO法人化」へと組織を切り替える方が、より効果を発揮できるものと考えました。
 当日は、法人化に必要な資料を揃えますので、ふるってのご参加を心よりお待ち申し上げております。
 会員の皆様からの活発な議論、やりとりを期待しております。

NEWS :2019.02.23(土)北朝鮮帰国事業60年・映画上映と討論会のご案内
└ 2019-02-17 12:07

北朝鮮帰国事業60年・映画上映と討論会のご案内
〜上映作品「続・キューポラのある街」〜

主催:北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会
日時:2019年2月23日(日)午後1時〜4時半
場所:東京港区芝大門2-10-12
   人権ライブラリー多目的ホール(入場無料)

第1部:映画上映会『続・キューポラのある街』(1時10分〜2時50分)
監督:野村孝 原作:早船ちよ 脚色:田村孟 
撮影:横山実、美術:中村公彦、音楽:黛敏郎

(キャスト)
吉永小百合:主人公・石黒ジュン  浜田光夫:幼馴染・塚本克巳
宮口精二:父・石黒辰五郎 北林谷栄:母・石黒トミ 菅井きん:日本人妻・金山美代


(作品紹介)
前作の映画『キューポラのある街』は、早船ちよの小説で、1962年・昭和37年4月8日に公開された浦山桐郎監督の日本映画。昭和34年・1959年から1年間、雑誌『母と子』に連載され、1961年・昭和36年に弥生書房で単行本化され、1962年・昭和37年に日本児童文学者協会賞を受賞した。

キューポラ(鉄の溶解炉)で有名な鋳物の街の埼玉県川口市を舞台にした青春ドラマ。この当時は、北朝鮮の貧しい生活実態が一般には伝わっておらず、在日朝鮮人の北朝鮮帰還運動を肯定的に描いている作品としても話題になった。主人公の石黒ジュン(吉永小百合)の周りで起こる貧困や親子問題、民族差別、友情、性など多くのエピソードを描いている。

脚本は、浦山の師である今村昌平との共同執筆。日活の助監督だった浦山の監督昇格デビュー作である。ブルーリボン賞作品賞受賞作品。主演の吉永もこの作品でブルーリボン賞主演女優賞などを受賞し、大きく飛躍するきっかけになった。

今回の上映作品『続・キューポラのある街』(監督:野村孝)は、原作にない日本に残った日本人妻・金山美代を、定時制高校の3年生になった主人公ジュン(吉永小百合)が説得して北朝鮮に渡らせるストーリーが加えられている。北朝鮮に帰った金山ヨシエの母・美代の居所を崔という高校生から尋ねられ協力を約したジュン。ヨシエの父が急病で倒れ「ヨシエの母親に会いたがっている」という。美代が、ヨシエらの帰国後、日本に残って旅館の女中をしていたのを崔がつき止め、崔とジュンは美代を訪ねて北朝鮮への帰国を説き伏せ、川口駅前で美代を見送った。この頃には、北朝鮮での在日帰国者の悲惨な生活ぶりがかなり伝わって来ていた。この作品でも帰国を渋る日本人妻・美代の姿に、かすかに反映されている。


第2部:上映作品と帰国運動の実態をめぐっての討論会(午後3時〜4時30分)

パネラー:小川晴久・北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会名誉代表、ノーフェンス代表
     谷川 透・同会副代表
     木下公勝・同会副代表、世界脱北民連帯日本支部長

NEWS :脱北者の対談番組が豊富なネット放送韓国ベナTV 日本語字幕付き番組リストのご案内
└ 2018-12-19 15:19

脱北者と対談形式で体験談を紹介する韓国のネット放送ベナTVで、日本語字幕がどんどん追加されています。

ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLS0GqKLezT4179A9Wy4smneKYQxrq2shl

NEWS :12/15(土) 北朝鮮帰国事業60周年プレ講演会 ―在日北朝鮮帰国者の帰国・里帰りを訴える―
└ 2018-12-07 14:11

<趣旨>

 人権の光は国境を越えてあまねく照らさなければならない。私たち北朝鮮「帰国者の生命と人権を守る会」は、北朝鮮における拷問を始めとした全ての人権侵害行為に断固抗議します。
 強制収容所に囚われている人々。日本人拉致被害者と特定失踪者の解放を強く求めると同時に、同国に囚われている韓国他各国の拉致被害者の即時解放、そして9万3千人に及ぶ在日帰国者の解放と国外居住の自由を強く求めます。
 人権開放の日の早からんことを願い「北朝鮮帰国事業60周年プレ講演会」を企画致しまし
たので多くのご友人をお誘いの上、ご来場を心よりお待ち致しております。

<開催要領>
日時:2018年・平成30年12月15日(土)
午後1時開場、1時半開演〜4時半終了

場所:東京港区芝大門2-10-12
人権ライブラリー ※添付の画像参照
http://www.jinken-library.jp/access
(JR浜松町駅徒歩5分、地下鉄大門駅徒歩5分)


参加無料、予約不要


講師①:在日脱北者 石川学 
   「私はなぜ金正恩を訴えたのか」

講師②:在日脱北者 鄭福仙(チョン・ボクソン)
   「なぜ保衛部に捕まり、なぜ脱北したか」







HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.