twitterで「News」「北朝鮮最新情報」の更新をお知らせしています。
http://twitter.com/hrnk1


次の5件>>

NEWS :脱北者の対談番組が豊富なネット放送韓国ベナTV 日本語字幕付き番組リストのご案内
└ 2018-12-19 15:19

脱北者と対談形式で体験談を紹介する韓国のネット放送ベナTVで、日本語字幕がどんどん追加されています。

ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLS0GqKLezT4179A9Wy4smneKYQxrq2shl

NEWS :12/15(土) 北朝鮮帰国事業60周年プレ講演会 ―在日北朝鮮帰国者の帰国・里帰りを訴える―
└ 2018-12-07 14:11

<趣旨>

 人権の光は国境を越えてあまねく照らさなければならない。私たち北朝鮮「帰国者の生命と人権を守る会」は、北朝鮮における拷問を始めとした全ての人権侵害行為に断固抗議します。
 強制収容所に囚われている人々。日本人拉致被害者と特定失踪者の解放を強く求めると同時に、同国に囚われている韓国他各国の拉致被害者の即時解放、そして9万3千人に及ぶ在日帰国者の解放と国外居住の自由を強く求めます。
 人権開放の日の早からんことを願い「北朝鮮帰国事業60周年プレ講演会」を企画致しまし
たので多くのご友人をお誘いの上、ご来場を心よりお待ち致しております。

<開催要領>
日時:2018年・平成30年12月15日(土)
午後1時開場、1時半開演〜4時半終了

場所:東京港区芝大門2-10-12
人権ライブラリー ※添付の画像参照
http://www.jinken-library.jp/access
(JR浜松町駅徒歩5分、地下鉄大門駅徒歩5分)


参加無料、予約不要


講師①:在日脱北者 石川学 
   「私はなぜ金正恩を訴えたのか」

講師②:在日脱北者 鄭福仙(チョン・ボクソン)
   「なぜ保衛部に捕まり、なぜ脱北したか」

NEWS :10月6日(土) 北朝鮮帰国事業60周年プレシンポジウム! 「予期される日朝首脳会談を前に在日帰国者らの帰国・里帰りを求める」
└ 2018-09-27 12:32

日時:2018年10月6日(日)午後1時〜4時半

場所:東京港区芝大門2-10-12 人権ライブラリー
(http://www.Jinken‐library.jp/access)
(JR浜松町駅徒歩5分、地下鉄大門駅徒歩5分)

参加無料、予約不要


<講師>

高柳俊男・法政大学国際文化学部教授

菊池嘉晃・『北朝鮮帰国事業ー「壮大な拉致」か「追放」か』(中公新書)著者。

山田文明・北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会名誉代表

川島高峰・明治大学情報コミュニケーション学部准教授(予定)

白木敦士弁護士・脱北者の損害賠償請求訴訟(東京地裁)の原告代理人

NEWS :脱北者らによる帰国事業訴訟 資料集
└ 2018-09-09 15:55

2018年8月20日(月)東京地裁にて、脱北者らが日本の裁判所に北朝鮮 金正恩委員長を相手に提訴しました。
訴訟資料をこちらにUPいたします。


北朝鮮帰国事業:原告・訴状.pdf
http://hrnk.trycomp.net/siryo.php?eid=00022


北朝鮮帰国事業:原告・甲1-1(川崎栄子陳述書).pdf
http://hrnk.trycomp.net/siryo.php?eid=00023


北朝鮮帰国事業:原告・甲1-2(榊原洋子陳述書).pdf
http://hrnk.trycomp.net/siryo.php?eid=00024


北朝鮮帰国事業:原告・甲1-3(高政美陳述書).pdf
http://hrnk.trycomp.net/siryo.php?eid=00025


北朝鮮帰国事業:原告・甲1-4(齋藤博子陳述書).pdf
http://hrnk.trycomp.net/siryo.php?eid=00026


北朝鮮帰国事業:原告・甲1-5(石川学陳述書).pdf
http://hrnk.trycomp.net/siryo.php?eid=00027


※追加・更新があり次第、随時Updateいたします。

NEWS :『脱北者らが初めて、日本の裁判所に北朝鮮政府を提訴』2018/08/20(月)
└ 2018-08-15 13:19

脱北者らが初めて、日本の裁判所に北朝鮮政府を提訴
〜北朝鮮帰還事業は、国家による誘拐行為〜


■提訴

日時:2018年8月20日(月) 午後2時
場所:東京地裁正門前

原告2〜4名・弁護団らが訴状を提出のため、地裁正門から集団で建物に入ります。
撮影等はこの時にお願いします。

参加方法:事前登録不要です。当日現地にお越しください。


■提訴後会見
日時:2018年8月20日(月) 午後3時
場所:東京地裁2階・司法記者クラブ

参加者:原告2〜4名、弁護団スポークスパーソン他

参加方法:事前登録不要です。当日現地にお越しください。


■個別取材
個別取材をご希望の方は、直接下記までご連絡ください。

090-2287-8610 山田文明(北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 名誉代表)


< 背 景 >

●本提訴の意義

北朝鮮帰還事業で北へと渡り、その後脱北して日本に定着した脱北者らが、2018年8月20日北朝鮮政府を被告として、東京地方裁判所に提訴の予定です。日本において初めて、脱北者らが北朝鮮政府を直接相手取って訴訟を起こす取り組みと考えられます。

北朝鮮政府らの欺瞞により、帰国事業で日本から北朝鮮に渡った約10万人の在日コリアンや日本人妻などは、「地上の楽園」に移住すると宣伝されたにもかかわらず、実際には人生を完全に狂わされ、「人道に対する罪」の被害者となりました。帰還事業という壮大な人権侵害の被害者の救済に向けて、北朝鮮政府は一刻も早く被害者に対し、出国の自由、故国帰還の自由を与えるべきです。

6月の米朝首脳会談を受けて、安倍首相が日朝首脳会談の早期実現に向けた調整を指示しています。日本政府はあらゆる機会を通じて、北朝鮮政府に対し、被害者やその親族らの出国の自由、故国帰還の自由の保障を含む人権侵害の解決を強く働きかけるべきです。


●本件に至る経緯

国連の北朝鮮人権調査委員会は2014年2月、この北朝鮮帰還事業や拉致問題を含む北朝鮮政府による人権侵害を「人道に対する罪」と認定する最終報告書を発表しました。

<原文>
『Report of the Commission of Inquiry on Human Rights in the Democratic People's Republic of Korea』
https://www.ohchr.org/EN/HRBodies/HRC/CoIDPRK/Pages/ReportoftheCommissionofInquiryDPRK.aspx

<日本語訳>
『北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)最終報告書』
https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page18_000274.html

これをうけて2015年1月15日、脱北した在日朝鮮人や日本人配偶者ら12人が日本弁護士連合会に対し、日朝両国の政府や赤十字、在日朝鮮人総連合会を相手方とする人権救済申立を行い、今も係属中です。


●北朝鮮帰還事業とは

1959年から四半世紀に渡り行われました。「地上の楽園」と宣伝された北朝鮮に、在日コリアン、日本人妻など約10万人が渡ったものの、「帰国」後、劣悪な生活環境、あらゆる市民的・政治的権利の侵害、監視、差別などに苦しむ、悲劇的な境遇に追い込まれています。原告らを含め一部の人々が脱北に成功し、日本に帰国していますが、北朝鮮に残した親族がいる場合には、面会もままならない家族離散の苦しみを余儀なくされています。


●訴状上の特別な論点

訴訟上の論点は多岐に渡りますが、本訴状は、日本が承認していない外国政府を提訴するという試みとなり、裁判所が本件訴訟の審理を開始する前提事項として、①国際民事送達(日本国外に所在する被告に対する訴状送達に関する問題)、②国際裁判管轄(本訴状を日本の裁判所が審理できるかという問題)、③主権免除(外国政府を被告とする訴訟について、日本の裁判所が裁判権を行使することは外国政府の主権侵害にならないかという問題)といった点が
論点となります。

その後、①〜③の問題がクリアできた場合に、具体的な被害立証が問題となります。(※日本が北朝鮮を国家とは認めていないことが、①〜③の問題をクリアできる論拠となりえます)


●訴訟進行の展望

提訴時ないし事件が裁判体に配点された時点で、公示送達の申立てを行います。その後の訴訟の進行としては、裁判所が、訴訟の送達方法として、公示送達を選択することになると見込んでおります。その後、裁判所が訴訟記載の被害の実態に関する審理に入る前に、国際裁判管轄、主権免除の論点に関して審理することになり、場合によっては、原告らに追加の補充主張を求めることが予想されます。


●本件の全体問い合わせ先:
国連人権NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチ 土井、吉岡:03-5575-3774 / yoshior@hrw.org







HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.