12月13日 ICNK 救う会各集会のお知らせ

開催日時:2013-12-13

└ 掲載:2013-12-11 17:28

12月13日

(1)「国際協力人材育成プログラム」シンポジウム
― 国際連合事実調査委員会と北朝鮮の今後 ― 

 本年,国連人権理事会は,北朝鮮の人権問題を調査するため,事実調査委員会を設立しました。

 本シンポジウムは,事実調査委員会の設立を求めてきた「北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合(ICNK:The International Coalition to Stop Crimes Against Humanity in North Korea)」により,
 ①事実調査委員会とは何か
 ②国連人権理事会決議「朝鮮民主主義人民共和国の人権情勢について」に至る経緯
 ③同委員会の調査活動と今後の北朝鮮

について討議及び報告を行います。

  毎年12月10日から16日までは,北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに,国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し,その抑止を図ることを目的とした「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。 「近くて遠い」隣国で何が起こっているのかを知る機会となれば幸いです。

<開催概要>

1. 日 時: 2013年12月13日(金) 16:30〜20:30
2. 場 所: 明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー16階 1163教室
3. 内 容:

第1部 16:30〜17:50 COI報告と今後の国連決議に向けた報告と討論

 ◎挨  拶 川島 高峰 この報告会の意義について
 ◎基調報告 須田 洋平 (弁護士)
 ◎討  論

  討論司会 川島 高峰 (明治大学准教授)

  討 論 者 土井 香苗 (Human Rights Watch 日本代表)
         若林 秀樹 (AMNESTY INTERNATIONAL JAPAN 事務局長)
         加藤  博 (北朝鮮難民救援基金 理事長)
         藤田 隆司 (特定失踪者親族)

 ◎フロアーの意見&補充討論

第2部 18:00〜20:30 映画 「クロッシング」
 ◎ナビゲーター 佐伯 浩明 (北朝鮮難民救援基金 副理事長)

4 主 催: 明治大学,立教大学,国際大学 国際協力人材育成プログラム事務局
5 共 催: The International Coalition to Stop Crimes Against Humanity in North Korea (ICNK)
6 対 象: 明治大学,立教大学,国際大学の学生 及び 教職員,一般
7 申込み: 事前申込みは不要です。 当日,会場へお越しください。

8 問合せ先: 明治大学 教学企画事務室 ( 担当:武井・山 / 電話:03-3296-4403 )
http://www.hric.jp/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/889/

(2)特別セミナー「拉致問題の全体像と解決策」

いつも拉致問題に深いご理解と暖かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
家族会・救う会は昨年後半以降、帰国された被害者の方々から改めて証言をいただき、また拉致現場の検証を行い、北朝鮮による拉致について、手法、経路、目的、背景などを調査してきました。今回のセミナー第1部では、それらの調査結果を元に、またその他の日本人・外国人拉致の調査も踏まえ、拉致の全体像を提示したいと考えています。全国的に現場検証を続けている特定失踪者問題調査会からも拉致の全体像について報告していただきます。脱北者、専門家にもコメントを求め拉致の全体像を明らかにします。
 また、第2部で、古屋圭司拉致問題担当大臣には、解決に向けてどこまで進んでいるのかを、公開できる部分につき報告していただき、また各党代表者にご参加いただき、家族会・救う会とともに、一日も早い救出策を考えます。参加ご希望の方は、FAX、メールで申し込んでください。入場券を送りますので、住所、氏名を明記してください。まだ若干空席があります。

平成 25 年 12 月 13 日(金)14 時から 17 時半まで

参議院議員会館講堂(1階、150人、事前申込、先着順) 地下鉄丸の内線・千代田線国会議事堂前駅1番出口徒歩5分

主 催 家族会・救う会・拉致議連

参加費 無 料

日 程

挨 拶 飯塚 繁雄(家族会代表)
    平沼 赳夫(拉致議連会長、衆議院議員)
第1部 拉致問題の全体像
    西岡  力(司会、救う会会長、東京基督教大学教授)
    惠谷  治(ジャーナリスト)
    荒木 和博(特定失踪者問題調査会会長、拓殖大学教授)
    金  東植(脱北者、韓国安保関係研究員)
第2部 パネル・ディスカッション 拉致問題の解決策
    島田 洋一(司会、救う会副会長、福井県立大学教授)
基調報告 古屋 圭司(拉致問題担当大臣、衆議院議員)
討 論  山谷えり子(拉致議連事務局長、自民党拉致問題対策本部長、参議院議員)
     上田  勇(公明党拉致問題対策委員長、衆議院議員)
     松原  仁(拉致議連幹事長、民主党拉致問題対策本部顧問、衆議院議員)
     中山 恭子(拉致議連副会長、日本維新の会拉致問題対策委員長、参議院議員)
     増元 照明(家族会事務局長)
閉 会  西岡  力(救う会会長)
http://www.sukuukai.jp/syuukai/item_3760.html

12月13日、上記二つの集会が開催されます。
をダウンロード



HOME

守る会

組織
呼びかけ
会則
入会のご案内
脱北者あしなが基金
帰国事業訴訟支援

NEWS

北朝鮮最新情報

デイリーNK、開かれた北朝鮮放送等の情報です。

帰国者の証言

音声・動画ファイル

集会案内

守る会および関係諸団体の集会の案内です。

声明

守る会の声明です。

かるめぎ

守る会の機関誌「かるめぎ」を紹介します。

光射せ!

守る会の理論誌「光射せ!」を紹介します。

北韓人権

北韓人権市民連合ニュースレターの紹介

資料集

書籍/映像紹介

リンク集

過去ログ

旧ホームページのすべてを収蔵しています。ただし、一部古くなっている情報もありますので、疑問の点はお問い合わせ下さい。

光射せ!


News RSS

 

管理

This site is powered by CMS Designer.